【ディアトロフ峠事件】男女9人が怪死、放射能反応のある衣服と舌と目のない死体

【ディアトロフ峠事件】男女9人が怪死、放射能反応のある衣服と舌と目のない死体

【ディアトロフ峠事件】男女9人が怪死、放射能反応のある衣服と舌と目のない死体

管理人コメント

ロシアの未解決事件の「ディアトロフ峠事件」。スノートレッキングしていた9人の男女が遺体で発見され、死体の衣服から放射能が検知され、一部の遺体は舌と目がなくなっていた怪死事件。

■ディアトロフ峠事件って?

1952年2月2日、当時ソ連にてウラル山脈北部でスノートレッキング(雪山歩き)をしていた男女9人が不可解な死に方をした事件。

現在も未解決事件として知られている。


1. その1
2. その2

トレッキングメンバーは10人いたが、うち一人が道中で急病にかかり離脱していて助かった。

事件の名称はこのグループのリーダーだった男性ディアトロフにちなんでつけられた。

リーダーのディアトロフがトレッキングに入る前に立ち寄った、最後の友人集落に戻り次第、電報を送る手筈であったが 予定していた日にちの12日を1週間過ぎても音沙汰がなく、捜索隊が結成された。

捜索ではトレッキング予定の山脈で激しく損傷したテントが発見された。

テントの入り口は閉ざされていたが、内部からナイフで切り裂いた跡があり、中に人影はなかった。


3. その3

キャンプから1.5km離れた近くの森まで、 靴下の足跡、片方だけ靴を履いた足跡、裸足の足跡が続いており 森のはずれの3箇所で死体が発見された。


・1箇所目

ほぼ下着に近い裸体状態で2遺体が発見された。


・2箇所目

2人とリーダーのディアトロフの3遺体が発見された。

3人の遺体に損傷はなく、検死で低体温症が死因と判明。


・3箇所目

豪雪により、雪が溶けた2ヶ月後に4遺体が発見された。

遺体はそれぞれ頭蓋骨と肋骨が骨折していた。

うち1遺体の舌と目がなくなっていた。

さらに、2人のスキーウェアから高レベルの放射線が検知された。


4.

その4
5.
その5
6.
その6

固定ページ: 1 2

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    この事件が解明されたら映画になりそう。

  2. 名無しさん より:

    脚色した映画ならあるぞ。

  3. 名無しさん より:

    ※2
    どこかで聞いたことある内容だと思ったけどそれだわ。
    最近はこの手の不思議な話が減って寂しい。

  4. 名無しさん より:

    この手の話は大抵嘘話が大半だけどな。

  5. 名無しさん より:

    遺体写真みれて嬉しい

  6. 名無しさん より:

    スキンウォーカーランチをすこれ

  7. 名無しさん より:

    誰かチンコ見せろ

  8. 名無しさん より:

    普通に考えて熊の襲撃。
    足跡なんて熊は残さない。

  9. 名無しさん より:

    映画化決定

  10. 名無しさん より:

    至って簡単な話じゃないか?
    テントが内側から切られているのは
    内部の人間が絡んでる証拠

    この状況で3人だけ低体温症で死んでる辺り怪し過ぎる。しかもリーダーも含まれてるし

    この3人が実行犯で逃げ惑う他メンバーを
    燃やしたり目をくり抜いたり虐殺した後
    雪山で遭難し結局全員が死んだって感じ。

  11. 名無しさん より:

    ロシアはやっぱり国ぐるみで殺しちゃうんだね

  12. アラン より:

    ディアトロフ峠事件はヘアピン渦による超低周波音が原因のパニックによるものだよ。

    ttps://www.fujitv.co.jp/unb/contents/181206_2.html

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS