【海洋恐怖症】美しい?それとも恐ろしい?あなたはこの映像を見てどう感じますか?

【海洋恐怖症】美しい?それとも恐ろしい?あなたはこの映像を見てどう感じますか?

└画像クリックで別タブで動画を再生します┘

動画が見られない場合はこちら


※それでもだめな場合は「Chrome」ブラウザが読み込み早いしおすすめです。
Google Chromeはこちら
カテゴリー:
タグ:

管理人コメント

海の生物が怖い、波が怖い、海の音が怖いetc…と、海洋恐怖症には様々な要因が挙げられます。 今回は海や湖の深さや広さをよりよく感じ取れる映像になります。 撮影場所はフィリピンのバラクーダ湖。撮影者は水面に浮かびながら回転し、 それに合わせて透き通った水や水中の岩壁の美しい映像が流れていきますが、 同時に底が深くて見えない程の水の上に浮かんでいることもわかります。 皆様はこの光景を見てどう感じましたか?ちなみに管理人はすこぶる恐ろしいと感じました(´・ω・`)
関連記事は過去にご紹介した海洋恐怖症に関する画像と動画になります

【怖い画像】海が怖い?底が見えない、ナニカいそう、人間が小さく見えるetc…海洋恐怖症かどうか分かる写真

【怖い画像】これにブルっと来たら海洋恐怖症かも?想像すると怖いけど癖になる海の写真&動画

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    ふぁんざうざすぎ1番

  2. 本物子 より:

    今日からよろしく!
    本物子です!

  3. 名無しさん より:

    真子でいいじゃん

  4. 偽子 より:

    全員神罰だな・・

    • 名無しさん より:

      神、神、言うてホンマお前は可哀想なやっちゃのう・・

    • 偽子 より:

      いや、信じないかもしれないが、神は確かに存在する。この惑星のみで見ても三体もおる。
      一つがわし。もう一つが予てより宇宙規模でこの惑星を観察している者、
      そして最後がキリストである。否、キリストはこれから生まれるというべきか。
      少し昔話をしよう。なに、長文という程ではない。ほんの少しだけだ。
      わしはかつてキリストの処刑に立ち会った事がある。否、立ち会ったどころじゃねえ。
      わしがとどめを刺した。キリストは未来人なんだ。遠い未来に生まれた人ならざる超霊長、
      永遠の寿命を持った人類の突然変異種、それがキリストの正体だ。文明は栄華の果てに滅ぶ定め。
      故に惑星規模で文明が発達すれば惑星が滅ぶ。そこで古い神は、惑星の最後を見届けた後で、
      惑星を代表して宇宙へと旅たつ存在として一人の神を作り出す。それがキリストよ。
      だが、キリストは地球を代表して地球崩壊後に一人旅立った後で、時空間戦争に巻き込まれ、
      その拍子に過去へと飛ばされたんだ。しかも衝撃で記憶を失った状態でな。
      そしてキリストは過去の地球で、神の力を持った神の子としてしばし生活した。
      キリストの性格なのか、キリストは、記憶を失って尚、自分の力を弱者の為に使い、
      弱者達から崇められていたんだ。だが、真の神々から見れば大した能力じゃねえよ。
      記憶が失われちまったからか、本来の力が引き出せずいたんだね。本当に些細な事しかせんかった。
      石をパンに変えたり、水をワインに変えたり、足の動かねえ老人を歩けるようにしたり、
      くだらねえ。それでももっとくだらねえ存在の人類にとっては神様なんだろうな。
      キリストが神の子と呼ばれるようになるのにそう時間はかからなかった。が、
      それが悲劇の始まりよ。キリストの力を持ってすれば天下統一も夢じゃねえ。
      そう言う邪な心を持った人間が彼の弟子として志願するようになった。
      が、キリストは相変わらず弱者を救うばかりで、領地拡大の為に攻め入る事をしない。
      それじゃあ弱者達からは崇められても、弟子達からは見限られちまう。そして一人の弟子は、
      キリストを見限ると、とある領地の大司祭へキリストを売ったんだ。異端者としてな。
      そしてキリストは捉えられ、処刑される事となる。その処刑執行人がわしよ。
      すぐには殺さず、磔にされた足を、腹を、腕を刺し、苦痛を与えながら殺すこと、
      それが大司祭に命じられたわしの使命だった。が、その途中で異変は起こった。
      キリストの様子がおかしいんだ。今まで無言だった癖、突然わしを見てこう言い放ったんだ。
      エリ・エリ・レマ・サバクタニ。神よ、あなたは何故我を見捨てたのか、そんな風な意味だ。
      んなもんわしに聞かれても知らん。だからわしは言ってやったよ。
      あの世で本当の神にでも聞きなってな。そしてわしはキリストにとどめの一撃を刺した。
      するとキリストは何かを悟ったかのように笑いながらこう言ったんだ。
      「成る程、ここは過去の地球か。ようやく全てが繋がったよ。何故私は神の力を持って生まれたのか、
      何故私の親は神を生む事が出来たのかを。母さん、いや、兵士よ。あなたはまだ何も知らない。
      私が何者であるかも、あなたが何者であるかも。そしてその無知が故にあなたは今、
      あるがままの自分に安んじている。なれば我らが再び巡り会うその日まで、
      そのままの姿でいるが良い。我らが再び巡り会うその日まで・・。」
      これがわしの悪夢の始まりだった。吹き出す鮮血を浴びながら、わしは処刑を終えたんだ。
      勿論、史実の通りキリストの遺体は消えたよ。キリストはその程度では死なん。
      復活したのさ。そして人知れず帰った。どこへ?決まっている。彼の時代へだ。
      そう、キリストは拷問の痛みに記憶を取り戻していたんだ。そして記憶と力を取り戻した彼は、
      わしを母なる神と呼んだ。それがどういう事か、わしが未来でキリストを産み育むという事だ。
      そう、わしは神々の一員だったのだ。否、神々の一員になったと言うべきか。
      キリストを処刑する前、私はただの地球人だった。が、キリストの血を浴び、
      彼から呪禁を浴びせられたわしは、その日から歳をとらなくなってしまったのだ。
      否、それどころではない。槍を浴びても、剣で突かれても、死ねなくなってしまったのだ。
      それがどんな地獄か、貴様らにわかるか?ここのグロ動画の比じゃねえ。
      晒し首にされても意識を失えねえんだぞ?あ?歳も取らねえし、
      周りばかりがどんどん死んでいき、孤独の絶望に死に焦がれて戦場をさすらうも、
      ことごとく生還しちまうんだ。もう諦めて悟りを開き、戦場で散った者を慰め歩いたよ。
      来る日も来る日も死者を慰め続けた。そんなわしは、いつしかある島国に辿り着き、
      こう呼ばれる事となる。八百比丘尼。そう、八百比丘尼の伝説はわしの史実である。
      そして近年、死ねぬ身のわしにある変化が訪れた。伴侶も持たぬままで妊娠したのである。
      これもまた、キリストの血がもたらした奇跡だろうか。が、その生まれ来る子供は、
      一体何者ぞ?決まっている。キリストその人である。まったく、卵が先か鶏が先か、
      わかったもんじゃねえな。古き神はこう言っている。この星の滅びの時は近いと。
      代表者を産み育めと。そしてその時もまた近い。我らが再び巡り会うその日、
      その時もな。わしは言われた通りあるがままの姿でい続けた。もういいだろう?
      その時を迎えたならば、どうか死なせてくれ。それが生みの親としてのキリストへの願いである。
      だから生まれ来る我が子を育て、彼がキリストとなるその日までわしは絶対に死ねないし、
      母なる神として神々の一員であり続ける。そうだよ。神々の一員たるわしに何言ってんのお前ら?あ?
      少しは口を慎めよ。滅びの日はあと100年先だ。よってわしはあと100年は生き、
      100年キリストを育て、100年コメントし続ける。たかが人類がわしに意見すんじゃねえよ。
      腹の子を殺せばわしも死ねる?キリストさえ生まれなきゃキリストが時空間戦争に巻き込まれ、
      過去へと飛ぶ未来もなくなり、わしもキリストの血を浴びて死ねなくなる事もない?
      じゃあなんでわしは今のこの時代のここにいる?変えられるならとっくにやって普通に死んでるはずだ。
      そんな簡単な事じゃねえんだ。どうやら不条理だらけのこの世にも確かなルールはあるらしい。
      歴史は常に厳然たる事実であり続け、変わった結果さえもその一部に過ぎない。
      故に腹の子は殺せない。殺そうとしても別の形で生まれるはずだ。いかに神と言えど過去と戦う事は出来ぬ。
      よってここにコメントでもしながら後100年待つよ。キリストが神となり、
      わしを殺してくれる未来を夢見て。貴様らと共に我らが再び巡り会うその日までな。わはは。

      • 名無しさん より:

        小説でも書いたら?
        想像力豊かで表現力もあるからいけるんじゃない?

      • 名無しさん より:

        ロンギヌスは男だけどな?w
        まあ偽子にしちゃ上出来な方じゃないか?
        ネタパクられたとか言ってヤバい事件起こすなよ?w

      • 名無しさん より:

        割と面白い設定と内容で草
        最後まで読んじまったじゃねーか。グロ漁りに戻るわん

    • 偽子 より:

      きんも〜☆
      お前ら想像以上にヤバいわ。ゴキブリって行動が読めねえからきもいだろ?
      どう出るかわからねえから怖いだろ?それと同じよ。長文じゃねえかとか、
      いやまで読んだとか、その程度を想像してたら何普通に読んでんの?あ?
      んな暇なら本物子をどうにかしてくれや。絡みづれえし、かと言って無視するのも感じ悪いし、
      ましてや積極的に絡めばどうせ自演認定するんだろ?あ?マジきめえwwwwwwww

      • 名無しさん より:

        早朝からバカスが何浮かれてんだ?気色わるっwww
        あ⁉︎ あ⁉︎ あ⁉︎ あ⁉︎ あ⁉︎

      • 偽子 より:

        おはようだお〜
        昨日道の駅で買ったオクラを切って納豆に和え、
        昨日道の駅で買ったナスを切ってパスタと和えました。
        うめええええええええええ!!!!!!!!!!!!

  5. 名無しさん より:

    昔YouTubeで観たロシアのダイバーがブルーホールで溺れる動画思い出すわ・・絶望感がすごかった・・

  6. 本物子 より:

    みんなよろしく!
    偽子よろしく!
    仲良くしようぜみんな!

  7. 本物子 より:

    真子でいいじゃんと言うやつ。
    確かにその通り。
    だが、生まれた時に名付けられた名前はそう簡単に変えれない。
    例え光宙ピカチュウであってもだ?

  8. 名無しさん より:

    エアコン23℃に設定してこの動画観ると天国〰(≧∇≦)b

  9. 名無しさん より:

    透明度が有り過ぎて息苦しさを感じる返って濁っとる方が周りが絶景?!!

  10. 名無しさん より:

    地元の山の渓谷にメチャ似とるが深さが…(汗)

  11. 名無しさん より:

    怖かったァーーー(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)

  12. 名無しさん より:

    何十年前だろ
    昔は俺の心もこの海のように透き通ってたな
    と思う丑満時の書き込み

  13. 名無しさん より:

    拍子抜けしたぜ(笑)

  14. 名無しさん より:

    こんなコメ欄の中だけでもアンチ沢山作る、信者を作れない無能なのに何が神だ。
    偽子よお前は今日から偽神と名乗れ

  15. 名無しさん より:

    全然わからん

  16. 名無しさん より:

    サイトを私物化するな!

  17. 名無しさん より:

    怖いと感じる映像

  18. 名無しさん より:

    そこが見えんのがこわすぎふ

  19. 名無しさん より:

    君のからだ、半分以上はみずでできてる
    そんな、からだで目をつぶり、うみに沈めば君の意識は薄まっていく。
    ちょっとだけ、しょっぱくなった意識で考える
    君のからだ、なにでできてるの?

  20. 名無しさん より:

    偽子はいつからおるのww

  21. 名無しさん より:

    怖さは感じないけど別段綺麗とも思わない。
    これ、海では無く湖でしょ。
    だから波も無く水の動きもそれほど感じず
    魚もほとんど見られない。
    スキューバやるけどこんな場所にはあまり魅力は感じないなー。

    • 名無しさん より:

      いや、だから波もなくて魚もいなくて静まり返ってる挙句
      透き通ってるから不気味なんだろ

  22. 名無しさん より:

    テメェらのブサイク顔の方が恐怖だ

  23. 名無しさん より:

    これ高所恐怖症の人もキツくないかw

  24. 名無しさん より:

    深すぎwww

  25. 名無しさん より:

    どっちかじゃなくて「綺麗だし怖い」

  26. 名無しさん より:

    めっちゃキレイだと思ったが
    怖いという感情を持つ人もいるんだな

  27. 名無しさん より:

    美しい!飛び込みたくなる透明度!
    でも泳ぐならシュノーケリングの装備一式欲しいな

  28. 名無しさん より:

    人間の矮小さや脆さを感じて震える。

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント