大型タイヤが爆発したときの推進力がヤバい、接触した男性が吹っ飛び即死

大型タイヤが爆発したときの推進力がヤバい、接触した男性が吹っ飛び即死

└画像クリックで別タブで動画を再生します┘

動画が見られない場合はこちら


※それでもだめな場合は「Chrome」ブラウザが読み込み早いしおすすめです。
Google Chromeはこちら
カテゴリー:

管理人コメント

コロンビアから。炎上するトラックに装着されていそうな大型タイヤ。恐る恐る近づいた男性が、安全を確認したかのようにタイヤの上に身を乗り出した瞬間に爆発、接触して回転しながら吹っ飛ぶ瞬間。10~12トンの大型トラックが装着しているタイヤはだいたい60kgぐらいの重量があるそうです。それだけ、もしくはそれ以上に重そうな物体があの高さまで上昇するパワーで人間に接触したと思うと、存命するのは厳しそうです…(´・ω・`)どういう理由で火がついていたのか詳細不明。
タイヤ爆発系の記事がいくつかあるので一緒にどうぞ。

(空気)イレスギィ!!タイヤがバーストしてたまたま通りがかった歩行者にダイレクトアタック

威力は手榴弾と同等? ダンプカーのタイヤが爆発、男性が吹き飛ばされ死亡

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    あー

  2. 名無しさん より:

    >10~12トンの大型トラックが装着しているタイヤはだいたい60kgぐらい

    管理人さん違うよ、ホイールとタイヤで100Kgぐらいはあるから転がすのも大変。
    60Kgなんてそんなに軽くない。

  3. 名無しさん より:

    2だけど、一応捕捉を。
    「タイヤだけの状態」というのは、そもそも空気が入っている訳ではないので破裂しようがないから、タイヤがホイールに組み込まれて空気が入っている前提でないと意味がない。タイヤだけの状態なら確かにそのくらいだけど、単体では破裂しないからな。

  4. 名無しさん より:

    硬いゴムのタイヤがぶつかるん相当衝撃くらってダメージありそうだな輪ゴムでもパチンくらったら腫れるぐれいやし!!

  5. 名無しさん より:

    馬鹿過ぎづら

  6. 名無しさん より:

    足さえ乗せやんだら命取りにはならんだかもしれん運の悪過ぎる奴?

  7. 名無しさん より:

    7人全員が乗っかったらどうなっとった??

  8. 名無しさん より:

    軽々と2回転してるな・・・。

  9. 名無しさん より:

    自転車のタイヤのゴムでも内出血の怪我をした事はある

  10. 名無しさん より:

    三重県に住んどるヤツは誰だ??

    • 名無しさん より:

      「6」が、三重県に住んでいるかどうかまでは分かりませんが、三重人なのは絶対に間違いありません。はっきり言って丸出しです。

  11. 名無しさん より:

    三重県って近畿じゃなくて東海なんだな!

    • 名無しさん より:

      いや、近畿地方でもあり、東海地方でもあるのです。近畿の和歌山や四国が南海道と呼ばれるように、畿内から見た東の海が東海道の伊勢湾なので。
      正確に言うと、三重県は近畿と東海でもありますが、中部地方ではありません。
      同じように、岐阜県は正しくは東海道ではなく、東山道で中部地方ですが、山梨県も関東ではなく、東山道かつ中部地方です。また、北陸地方は中部地方でもあります。
      ってか、何でカルグロで真面目に解説しとんのやと(笑)

  12. 名無しさん より:

    ちょっと難しいけどありがとう。何で同じ席なんだ?

  13. 名無しさん より:

    そういえばNHKの地域アナウンサーで確か三重県から転勤してきたヤツが居った様な??

  14. 名無し心子さん より:

    足は乗せちゃダメよぉ~(ノ∀`)アチャー

  15. 名無しさん より:

    これたぶんバーナーでタイヤはめ込んだら引火したから消そうとして爆発したんだと思うわ

  16. 名無しさん より:

    三重ってアホばっかだなついでに愛知も

  17. 名無しさん より:

    15氏のいうようにビード上げを発火性の高い気体を
    ホイール装着中のタイヤに充填し着火させると
    一瞬で爆発音とともにビードが上がりタイヤ装着が完了するという
    タイヤ交換の裏技がある 危険は自己責任というがこういう風になるんだな
    足をのせていたのは火消しかあるいはビードの歪みか空気の漏れ箇所を
    取り繕おうとでもしてたんだろう

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント