【衝撃】アメリカで年間1000人死亡している危険なゲームの怖さをデモストレーションで教えます!

【衝撃】アメリカで年間1000人死亡している危険なゲームの怖さをデモストレーションで教えます!

カテゴリー:
タグ:

管理人コメント

アメリカの若者の間で密かに行われている危険なゲームがある。首をロープなどで絞め、一時的に失神状態をつくるもの。実際に死亡事故も起きており年間で1000人に達した年もあるという。日本であある失神ゲームとは、大きく2,3度深呼吸してもらい、いきなり胸をドンと押されると失神してしまうもの。子供とはいえ死んでしまうかもしれないと思わないのでしょうか?こんな形で家族を失うのは悲しすぎます。

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    昔、親指で首の動脈押さえて失神するの流行ってたわ
    不良とかじゃなく受験勉強しっかりしてる真面目な奴らが「これやると3〜4時間寝た気になるわw」と言って気軽にやってたな
    やること自体バカだけどロープで首吊りでやるのは文字通り自殺行為だろ

  2. 名無しさん より:

    死ななくても首を思いっきり絞めたりすると血管内壁の付着したコレステロールなんかがはがれたりして詰まるからよくないらしい。

    私は血管年齢めっちゃ高いからなるべく圧迫しないようにしてる・・・。

  3. 名無しさん より:

    いいね、エロい!

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント