第一次世界大戦はこの後すぐ、オーストリア=ハンガリー帝国の後継者暗殺写真

第一次世界大戦はこの後すぐ、オーストリア=ハンガリー帝国の後継者暗殺写真

第一次世界大戦はこの後すぐ、オーストリア=ハンガリー帝国の後継者暗殺写真

管理人コメント

中学、高校の歴史の授業で習う、第一次世界大戦の引き金になった「サラエボ事件」。この事件で暗殺されたオーストリア=ハンガリー帝国の継承者の「フランツ・フェルディナント」と妻の「ゾフィー」の遺体写真。ボスニア出身のボスニア刑セルビア人の「ガヴリロ・プリンツィプ」に妻ゾフィーは腹部を撃たれ、大公は首を撃たれ死亡した。プリンツィプは服毒自殺を試みたが拒絶反応で毒を吐き、ピストルもこの時に奪われ自殺に失敗、投獄され獄中で結核により死亡している。
1.フランツ・フェルディナントと妻のゾフィー 2.2人の葬儀 3.2人の葬儀 4.2人の葬儀 5.フランツ・フェルディナントの血染めの軍服 6.襲撃時に2人が乗っていた実際の車 7.現場で逮捕される暗殺犯のガヴリロ・プリンツィプ 8.刑務所独房で撮影されたガヴリロ・プリンツィプ
カテゴリー:

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    4枚目の右端って顔・・?あんなとこに誰か立ってるのか・・?

  2. mthy73 より:

    1さん 近衛兵と思われます。

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント