1800年代最大の遭難、北極航路遠征隊(フランクリン遠征隊)の遺体埋葬現場

1800年代最大の遭難、北極航路遠征隊(フランクリン遠征隊)の遺体埋葬現場

1800年代最大の遭難、北極航路遠征隊(フランクリン遠征隊)の遺体埋葬現場

管理人コメント

19世紀最大の遭難と言われる北極航路遠征隊(フランクリン遠征隊)のグロ画像。当時最新鋭の蒸気機関、室内スチーム暖房や約3年分の食料缶、海水を真水に蒸留する設備があったにも関わらず、氷の海で全滅してしまった。画像はフランクリン遠征隊が残したビーチー島とキングウィリアム島の墓と遺体。遺体には人肉食を行った痕跡があった。また死因は低体温症、飢え、鉛中毒、壊血病によるものが大半であると分かっている。2014年と16年に、ビクトリア海峡で沈没した探検隊の船がほぼ無傷の状態で発見されている。
1.ジョン・フランクリン海軍大佐 その1 2.ペティ・オフィサーのジョントリントン その2 3. その3 4. その4 5. その5 6. その6 7. その7 8.エイブルシーマンジョン・ハートネル その8 9. その9 10. その10 11. その11 12. その12 13.埋葬されていたビーチー島 その13 14.遠征隊の墓 その14

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    なんでみんな歯茎むき出しなん?

  2. 名無しさん より:

    水分飛んで皮が縮むからやで

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント