時間をかけて人体をちょっとずつ切り落とす「凌遅刑」で殺害された死体

時間をかけて人体をちょっとずつ切り落とす「凌遅刑」で殺害された死体

時間をかけて人体をちょっとずつ切り落とす「凌遅刑」で殺害された死体

管理人コメント

キシコのギャング(麻薬カルテル)により残された遺体。両腕は切断され、皮膚は幾度となく剥がされていた。それはまるで中国でかつて行われていた伝説の拷問、「凌遅刑(りょうちけい)=肉を切り落としていく拷問」を思わせるものだった。 ※ポッカキットのページに遷移します。

└画像クリックでリンク先に移動します┘

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    こんな、殺され方絶対にイヤ!!

  2. 名無しさん より:

    えぐい

  3. 名無しさん より:

    胸に腕をめり込ませてる。。。

  4. 名無しさん より:

    人間ドネルケバブ

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント