薬物中毒者の男性、ヘロインを注射して人食いバクテリアに感染する

薬物中毒者の男性、ヘロインを注射して人食いバクテリアに感染する

└画像クリックで別タブで動画を再生します┘


TheYNC:Shooting Up Heroin Gave This Man A Flesh Eating Disease

管理人コメント

薬物中毒者の男性が薬物を断つために、メタドン・クリニック(メタドンという合成鎮痛薬の投与)による治療を受けていたが、病院が営業していない間に禁断症状に襲われ、ヘロインを打ってしまった。不運にも注射器がが汚れていたため、人喰いバクテリアに感染してしまい腕が壊死手前の状態に。2ヶ月もの入院を経て太ももから皮膚を移植して介抱に向かったが、もう少し遅ければ皮膚が壊死して最終的に死んでいたとのことです。

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    痛々しいが、狂おしいほどの自業自得。

  2. 名無しさん より:

    こういう中毒な人はもう合法的に安楽死させたほうがいいだろう

  3. 名無しさん より:

    何時になると軽くなるかなぁ

  4. 名無しさん より:

    顔が薬物中毒者そのものだわ。

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント