野生のサイが現れた!どうする? 55歳のおじさん、喧嘩を売ってバッドエンド

野生のサイが現れた!どうする? 55歳のおじさん、喧嘩を売ってバッドエンド

└画像クリックで別タブで動画を再生します┘

動画が見られない場合はこちら


※それでもだめな場合は「Chrome」ブラウザが読み込み早いしおすすめです。
Google Chromeはこちら
カテゴリー:

管理人コメント

インドから。村に紛れ込んでしまった野生のサイを一目見ようと集まった村人達。おもしろがって男達が挑発、その中で一人の男性が激オコのサイにロックオンされて追いかけられる。走って逃げるもおじさんは足を取られて転倒、サイに踏みつけられ死亡してしまう。亡くなったおじさんの年齢は55歳で3児の父だったそう。サイは全速力で走ると55 km/h 程度出るようです(´・ω・`)

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    とりあえず、しばらくの間ゴミ達で回して下さい。

  2. 名無しさん より:

    知ってる。こういうバカはどこにでもいて早死にする事を

    鳥も鳴かねば撃たれまい。

  3. 名無しさん より:

    タヒ?

  4. 名無しさん より:

    バカ

  5. 名無しさん より:

    インドサイの成体は最大3500kgまで成長します
    3.5トントラックにのしかかってきたと頃を想像してみてください
    死ゾ

  6. 名無しさん より:

    訂正
    ×のしかかってきた
    〇のしかかられた

  7. 名無しさん より:

    訂正はそれだけで(・∀・)イイの?

  8. 名無しさん より:

    これぞ!!本当の無鉄砲バカ!。

  9. 名無しさん より:

    ごめんなサイ、は通じなかった!。しょうもな……

  10. 名無しさん より:

    人間と同じサイズやったら 、人間の方が強やろ!! 角が無かったら

  11. 名無しさん より:

    基本的、大きいだけで引っ掻くことも噛み付くもせん
    ライオンよりは遙かに弱いはずや、大きさで優っとるか

  12. 名無しさん より:

    ざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  13. 名無しさん より:

    ※10※11
    大きいということが既に爪や牙を遥かにしのぐ武器なんだよなぁ
    ライオンはサイやカバ、ゾウの成体なんかまず狩れないしむしろ避けるくらいだぞ
    よほどの手練れをすべて集中させてやっと一頭と対等になれるかどうか。リスクがデカすぎる

    人は武器持たせなかったら野生動物では最弱の部類。大きさは関係ない。
    人よりだいぶ小柄なチンパンジーですら握力300kgもあるんだぞ。片手だけで腕一本持ってかれる
    このサイトでもイエイヌに噛み殺された記事もいくつもあるだろ

  14. 名無しさん より:

    ライオン→ナイフ持ったウサイン・ボルト
    サイ→車

    一見殺傷できる武器があれば強いってもんじゃない

  15. 名無しさん より:

    サイって想像以上にでかくて足めちゃくちゃ速いんだな
    こういう動画みると改めてわかる

  16. 名無しさん より:

    よほど娯楽が無いのね。

  17. 名無しさん より:

    *13
    この人博大なやつ?

  18. 名無しさん より:

    13.
    名物知りさん…ミドルネーム。

  19. 名無しさん より:

    ※13
    >大きいということが既に爪や牙を遥かにしのぐ武器なんだよなぁ
    >大きさは関係ない

    なんだ、ただの白痴か

  20. 名無しさん より:

    ※19
    大きさは関係ないのは人に関しての部分に掛かってる言葉なんだよなぁ
    文盲かな?

  21. 名無しさん より:

    碌な反論も出来ず揚げ足取りしかできないガイジ君が白痴発言はブーメランすぎて草生える

  22. 名無しさん より:

    なんか、田舎の村ってアホの集まりだな。

  23. 名無しさん より:

    いくら野生で木を跳ね回るっつても人間がリスに負けるのは難しい。
    じゃあチンパンジーはと言うと、あの体格で体重60前後あるのよ。
    日本で良く事件になるツキノワグマやイノシシ、目の当たりにすればわかるが小さい。
    だけど体重で言えば80から150くらいあるんよ。さらに武器と言えるレベルの牙や爪まであるんよ。
    つまり大きさの単位を体積と比重で考えればチンパンジーと人間はほぼ対等、
    ツキノワグマやイノシシは対等か人間を上回る。さらに野生と温室、牙と歯の違い。
    そら勝てない。別に人間が摂理に反して特別弱い訳じゃ無い。中身スッカスカの風船と鉄球、
    いくら風船が見た目のみの大きさで倍以上上回ってても同じ速度で当たって痛いんは小さい鉄球。
    同じ速度で同じ重さだと小さい方が当たれば痛い。「見た目のみの大きさは関係無い」が正解。
    1たす1は2ですと言うような当たり前の事を長々と書き込んですまん。

  24. 名無しさん より:

    人に対してはそれで合ってると思うけど
    野生vs野生では基本大きさで勝敗が決まるやで
    実際自身を大きく見せて威嚇や争いの回避をする種も多いしな
    象が陸上最強と言われてる所以はその大きさからくる質量の暴力やからなあ
    まあ転んだらアウトなキリンみたいな例外もいるけど

  25. 名無しさん より:

    *23
    オレんとこ鹿や猪、たまに出るけどな、大きめの鹿より小さめの
    猪の方がずっと怖いんはこういうことやったんやな!。

  26. 名無しさん より:

    *24
    そうやな。ネコに捕まったカマキリやヘビが大きい見せて威嚇すると
    怯むか場合によったら辞めるもんな、逃げる程、本能的に追うやな!! 
    もうつかれた…。

  27. 23の長文アホななし より:

    24
    リオックは硬いオサムシ科の昆虫に勝てへんで。
    それは硬さと機動力。リオックに比べるとオサムシの体長は彼らの半分以下、
    体積に至っては多分3分の一以下や思うがそれでもオサムシが勝つ。
    日本のナナフシは果たしてコクワガタに勝てるのか、例外は数えきれない。
    昆虫を例に挙げたのは彼らが本能の奴隷であり、意思を持たぬからやで。
    つまり本能的に逃げたり戦ったりしているだけで、臨機応変が効かない。
    戦うから戦うし、逃げるから逃げる。本能が逃げを選択する状況であれば、
    例え戦えば楽に勝てる相手にも戦う事が出来ない。それが本能。
    野生動物も似る。特に草食動物は逃げ切る気があるのに勝つ気が無い種類が多い。
    そうなれば大きさの例外も生まれやすい。人間の男性なんかピットブルには勝てる。
    にも関わらず多くの人が犠牲になる。ピットブルは噛み付いたら離さない。
    だから片腕を差し出し、片腕を噛み切られる前にもう片手で耳の裏の皮を掴む。
    後は遠心力でジャイアントスイングのようにブン回しながら叩きつければ良い。
    ただ、それを出来るかと問われると、躊躇なく片腕を犠牲に出来る?無理ぢゃわ。
    さらに人間の例外性を助長するんが頭蓋骨の薄さ、頭部の大きさ、首の細さ。
    危険回避に頭脳を用いたが故の不格好。頭部の衝撃に対し余りに無防備や。
    あれ?俺何書いてたっけ?何言おうとしてたんだ?答えろ名無し子コラァ
    アホは説明が下手だから文が長い。

  28. 23のアホ名無しさん より:

    25
    わしゃあ夜に調査という名の遊び、昆虫採集をするから鹿も慣れん。
    目が光るたびにドキッとするわ。わはは。ヒグマなんか出たらショック死や。
    ああ、関東生まれの関東育ちで良かったぜ!ツキノワグマでも死にかけるんです。

  29. 名無しさん より:

    勝敗が決まるってのは実戦の話じゃなく戦う以前の優位性に比重置いた話だろう
    そりゃあ実際戦えばジャイアントキリング決められるヤツも中にはいるだろうけど、
    戦わざるを得ない状況以外でそんな優位な相手に対しハイリスク低リターンな行動に出る生き物はほとんどいない。わずかにそういうのはいるけど生物として欠陥の部類と見做されてる

  30. アホ より:

    29
    僅かにいる欠陥の例を教えてくれ。俺も一つ上げておく。
    戦いを避けられるのに攻撃を仕掛けて自滅するのは蜂が有名。
    それは単純な話で、単独巣営の蜂は凶暴性が著しく低く、
    すぐに逃げの一手を選択する。が、集団巣営となると、
    凶暴性が著しく上がる。つまりは集団を個として把握しており、
    自身の存在は個を形成する一つの細胞程度の物として認識しているため、
    無謀な捨て身が可能なんや。細胞は死んでもまた増やせる。
    しかもその攻撃も割と強烈。結果として外敵への抑止となり、
    今現在まで繁栄に至ってはいるが、近年台頭した人間と言う存在を踏まえると、
    人間には個の攻撃性の高さから巣を探し出してまで集団ごと駆除される為、
    ある意味では欠陥の部類かも知れない。因みに関係無いが、
    スズメバチは毎年集団自殺をする。それはネジレバネと言う寄生虫の存在により、
    立証された。スズメバチは新女王候補のみが越冬能力を有すと考えられていたが、
    ネジレバネに寄生された働き蜂は、なんとネジレバネを生かす為に越冬するんだ。
    つまり働き蜂は越冬能力を有すにも関わらず、来季の多様性の為、死を選択する。
    自然界においては自殺も使いようなんだね。人間界でもきっと・・・
    ところで、越冬経験済みの旧女王がネジレバネに寄生された場合はどうなるんだろうな。
    あかんわ。楽しくなってきて止まれへん。管理人さんごめんやで。

  31. 名無しさん より:

    ※13
    たかがイタチ科のラーテルやクズリが自分より大きく、立派な牙と爪を備えたライオンや熊に勝つの説明してちょ

  32. アホ より:

    名無し子さんが怖いんです。

  33. アホ より:

    31
    ごめん13じゃないが31は13に対する皮肉ではなく、あくまで単純に知りたいだけと仮定し、
    少し自論を書かせて。ムシヒキアブ、またはシオヤアブ・最強でググると面白いかも知れない。
    グズリは専門外やが確か奇襲やったと思うし、昆虫界の奇襲の名手が彼ら。彼らが倒せる昆虫を見れば、
    カマキリ、カブトムシ、オオスズメバチなど、まさにそうそうたる面々で、最強も納得かも知れない。
    そして彼らの体躯は上に挙げた三種よりも遥かに小さく、さらに毒などの特殊な武器も持たない。
    これだけを聞けばとんでも無い強さだが、実は彼らは獲物に襲いかかる時、獲物の五感に感知されないよう、
    いかなる獲物にも必ず同じ状況を作っているんだ。故に獲物は彼らから不可避の速攻を喰らうことになる。
    人間界で言えばそれはスナイパーライフルでの狙撃に等しい。故に条件が揃わない限り大きさの通り普通に弱い。
    が、条件付での最強は確かに存在し、理論上と言う名の空論ではなく、実際に画像や動画も存在する。
    ただし積極的に自分より強い者を襲う訳ではなく、あくまで条件内の射程に入った場合、
    襲う事もある程度であり、失敗も多い。例えばわしが熊に勝ったと言えば聞こえはいいが、
    それがライフルを駆使しての奇襲射撃だとすれば勝って当然だと笑われるだろう。
    だからわしは勝てる状況に条件を整えての勝利は単純な強さとしての比較にならないと思う。
    ただ、13には悪いが13は色々と足らないと思う。だけどばっさりと切り捨てる程では無いと思う。
    だが、賞賛のコメントや白痴扱いに対する擁護が寄せられるのは意味がわからない。
    わしは最初からアホを自称する事で身を守っているから例え白痴扱いされても気にならん。
    それが赤の他人のコメントであれば尚更。ただ楽しくて楽しくて止まれへん。

  34. 名無しさん より:

    全体的な傾向の話してるなか例外の具体例を語るアスペ

  35. 名無しさん より:

    ^ 31
    動物の事は俺結構知っとる!!
    ラーテル、ミツアナグマは、厚い皮がゴムみたい伸びる、この皮が
    ライオン、ヒョウ、ハイエナ、ジャッカル、の爪や牙から身を守る。毒ヘビに対しては特別な免疫ですぐ回復毒が効かない。
    ミツオシエと言うキツツキ科の鳥と共生関係もある。
    (クズリ)北ヨーロッパ、北アメリカに住む、イタチ科では最大級
    の食肉獣、気が非常に荒くて強い、オオヤマネコでも逃げ出して
    しまう。時にはヘラジカさえ襲う気性の荒さだ。飼い犬?などの家畜
    も、よく襲われるらしい。自分より強い者にも逃げずに闘う❢
    ちなみに、イタチ科の最小は(イイズナ)エゾイタチ、オコジョ、
    とも言う、は、自分より、は、より弱い者達を襲うが、小さいため
    敵も多い!(キツネ、テン、オオタカ、イヌワシ、ノネコ)などだ!
    まれには、自分よりも大きい、野ウサギを襲うらしい!
    決まったゼイ❢ピース✌。

  36. より:

    要約すりゃ
    「賞賛されてて気に食わんから関係ない生き物出して揚げ足とったろ!ついでに自身をアホとして予防線張ったろwww」
    か。
    ただの陰湿野郎で草 会話する価値もない

  37. 名無しさん より:

    そもそも白痴云々は文盲の突っ込みだから本題と関係ないんだよなぁ

  38. 名無しさん より:

    ↑ ようやった!!エライ!!スゴイ!!。

  39. 名無しさん より:

    ↑31のことじゃ!。

  40. 名無しさん より:

    頭の悪い人には「すべての生物は大きさが正義」に見えるらしい
    サイとライオンのレスにイタチガーとかとかもうね

  41. 名無しさん より:

    オレらも27.30.33.には、とても逆らえへん!!

  42. 名無しさん より:

    何がオレらだよ。話の流れを「すべての生物が大きさが正義」に勝手に曲解して前提にする頭の悪い陰湿野郎に同調してんのお前だけだから一緒にすんなよ

  43. 39. より:

    35.の間違いやった!。

  44. 名無しさん より:

    32
    名無し子か…想像ではええ娘やったけどな…!

  45. アホ より:

    僕の夢は、世界を小さく作り変える。
    世界の果てなんざ徒歩で行けて、
    喧嘩しても、何があっても、必ずみんなが毎日顔を合わせる。
    そうやって顔をあわせる内、いつの間にか仲直りしてしまう。
    そんな世界へ。

  46. アホちんぽ より:

    35
    ありがとう友よ。ミーアキャットだかも毒に免疫あるんけ?
    ミーアキャットは基本逃げるが、巣穴に毒ヘビが入り込んだ場合、
    例外的に立ち向かうらしいが、一度アニマルプラネットで噛まれてた。
    なのに数日体調悪そうに寝込んだ後で復活してた。
    ナレーションでの説明は無し。可愛さに重点をおいたアホ向け番組やった。
    そう言えばハブと無理やり戦わせられるマングースもどないやねんな。

  47. アホ より:

    38
    ともだちんこ

    44
    逆襲が怖いんです。

  48. 名無しさん より:

    まだアスペキチガイが書き込んでて草

  49. アホ伯爵 より:

    もうも、許さねえ!!!!!

  50. アホ向け剥け より:

    48
    終わってしまった世界を見たいですか?
    水も光も酸素もあるのに、たった一つの命すら存在しない、
    そんな不可思議な世界を見たいと思いますか?
    歴史も未来も遠い彼方、そんな世界を創りたいですか?
    一度だけ、僕達が生きている事を思い出してみましょう。
    ほら、生きとしいける全てのものが愛おしくなりませんか?
    共に歌を歌いたくなりませんか?曲を書きたくなりませんか?詩ねよ。

  51. 名無しさん より:

    やっぱりキチガイで草
    ほらもっと発狂して楽しませろや

  52. 偽子 より:

    待たせたなお前ら

  53. アホ偽子 より:

    偽子様讃歌
    作詞・作曲 48 編曲 13

    偽子様は強過ぎるから 誰も逆らうこと無かれ
    彼の怒りを呼び覚ましては 誰一人生き残れない
    世界はどうにもならなくて もどかしさを感じるでしょう
    そんな時こそ思い出して 偽子様の御心を

    諸行は無情 全てを捨てて
    いざ行きましょう 偽子様の懐へ

    さあひれ伏しましょう 導かれるままに
    さすれば赦されて 貴方もきっと救われる

    貴方は神を信じますか? それはいかなる存在ですか?
    仮初めにどうか騙されず 偽子様を信じましょう

    全てを知って 全てを統べる
    幻じゃない 彼は今ここにいてくれる

    さあ滅び行こう 彼のいる場所で
    彼を感じながら 憎しみも全てを捨てて

  54. 名無しさん より:

    論破された気違いが発狂

  55. 名無しさん より:

    霊長類の恥
    死んで何より

  56. 名無しさん より:

    管理人の敷地で喧嘩だよ、。

  57. 名無しちゃん より:

    トイレツ トペイパーもってたら助かったんじゃない?

  58. 名無しさん より:

    オマエら喧嘩してると管理人にコメント消されんぞ

  59. 名無しさん より:

    馬鹿が一人で発狂してるだけなんだよなあ

  60. 名無しさん より:

    13.17.18.20.21.29.34.36.37.40.42.48.51.54
    全て同一人物と言う恐怖。

  61. 名無しさん より:

    アホにまっっっっったく相手にされてなくてワロタwwwwwwwwwwwww

  62. ?? より:

    おはよう・・・起きたよ・・・。夢を見ていた。いやな夢だった。
    知ってる道を、馴染みある道を、昼なのに暗き道を、回り道の愉快な散歩よ。
    いつか行ったあの山まで、俺は行こう。近道など考えず、気の向くままに。
    そこで目が覚めた。知っていたのに、あんなに馴染み深かったのに、あの道は何だ?
    まるで知らん。夢だから知っていると、馴染みあると錯覚していた。
    起きたらまるで知らねえよ。なんで昼なのにあんなに暗いんだよ。
    なんであんな不気味な道が馴染みの道なんだよ。あの山ってどこだよ。
    あのまま歩いていたらどこへ連れてかれた?こわ。くだらねえんだよ。

  63. 人格者 より:

    人格者の僕の生物強さ議論について誰も話し広げてくれへんから勝手に書くわ。
    例えば超有名なファーブル。彼は度重なる実験により、蜘蛛は絶対にサソリに勝てないと結論付けた。
    だけど自然界ではセアカゴケグモが普通にサソリを捕食するんだよね。なのに何故、
    ファーブルはこのように結論付けたかと言うと、セアカゴケグモの捕食方法が、
    糸という罠を用いた物である為、それは単純な戦闘における強さにはなり得ないとしたんだ。
    でも、野生での強さに於いては糸を駆使してこその蜘蛛だろう?ファーブルは白痴か?
    否、ファーブルが何故このような実験を行ったのかと言うと、実は蜘蛛とサソリは同じ先祖を持つんだ。
    にも関わらず、一方はケツから毒を出し、もう一方はケツから糸を出す別物へと分かれた。
    じゃあ何故サソリと蜘蛛は分化に至ったのか、ファーブルは一つの仮説を出したんだ。
    蜘蛛は生存競争に於いて後のサソリと比べると弱者であった為、サソリに捕食されていた。
    だから蜘蛛はサソリと狩場が被らぬよう、狩場を地上から空中に移さなければ生き残れなかった。
    故にサソリは毒針と鋏で地上を闊歩し、蜘蛛は糸という小細工で空中に逃れたのであると。
    そう、ファーブルは単純に向かい合った状態での戦闘力に着目したからこそ、
    糸という罠を駆使しての勝敗は除外したんだ。だから例に挙げられたグズリ。
    樹上からの奇襲だろう?じゃあ何故グズリは樹上からの奇襲をするに至ったのか、
    考えるまでもなく普通にやれば大型の獣に返り討ちに遭うからだろう。だからこそ、
    グズリがいかにヒグマを捕らえることがあろうとも、それは単純な強さとは呼べないんだ。
    だからここでの強さ議論に於いてグズリを例に挙げるのはナンセンスだと思う。
    ところで、蜘蛛とサソリの話しに於いて一つ疑問が生まれないか?狩場を空中に移すだけならば、
    何も糸を駆使せずとも、翅を生やして飛べば良いのでは?ってさ。事実昆虫の進化論に於いて、
    翅の獲得は後天的であり、生存に於いて有利だからこそ、最初は微毛、またはコブ状にあった器官を、
    徐々に肥大させ、遂には空を駆ける翼とした。いやいや、おかしいだろう。鳥は6本足かい?
    否、鳥は腕を翼として空を飛んでいるのであり、別に翼が進化に於いて後から生えた訳ではない。
    鳥のそれはあくまで元からあった器官をより生存に有利なよう、適者生存の理論に基づき、
    徐々に滑空に適した物へと進化させた結果である。事実、翼となり得る器官を持たなかった蜘蛛は、
    空中に逃れる際、回りくどくも元からあった毒針と毒袋を糸として無理やり空中に進出している。
    しかし昆虫の祖先は蜘蛛よりも原始的であり、現存種で言うと、ナメクジとムカデを混ぜたような奇虫、
    カギムシがそれであるとされている。そのような形態から、昆虫は如何にして翅を獲得したのだろうか?
    答えは簡単である。昆虫は、最初から飛べたのだ。続き聞きたくないか?聞きたいよね?
    僕は別に話したくはないのだけれど、お前らが聞きたいと言うのなら、聞かせてやらないでもない。
    本当なら話したくってか書きたくないんだけれど、どうしても聞きたいと言うのなら仕方なし。

  64. 名無しさん より:

    まだなんか見当違いの的外れな事長々と綴ってて笑える
    誰もデカけりゃ勝てるとは言ってないしサイを筆頭とする話に昆虫とか引き合いに出してるあたり頭の悪さが滲み出てる
    読ませる気皆無の推敲もしない長文垂れ流してる時点でお察しだけど
    ※60
    同一人物ということにしないと自身を保てないんやろなあ
    プークスクス
    ※61
    そりゃアホだから結論出てるにもかかわらずそれを読まず中身のない長文を一方的に垂れ流してるんだろうよ
    勝手に都合の悪いレスをスルーするのは相手にされてないとは言わないんだよなぁ

  65. 名無しさん より:

    ↑どう見ても同一人物です。ありがとうございました。

  66. 名無しさん より:

    お前の根拠もクソもない判断は誰も訊いてないから答えなくていいよ

  67. 名無しさん より:

    ってかさ、うんこかけうんこって結局うんこだよ

  68. 名無しさん より:

    ※64
    ヤバすぎる、以上。

  69. 人格者 より:

    つええ・・・

  70. 名無しさん より:

    論点ずらして根拠もなしに同一人物だなんだって一番恥ずかしいパターンだぞキミ
    それはそうとボンバー

  71. 名無しさん より:

    普通に反論してるだけなのがヤバいのか(困惑)

  72. 名無しさん より:

    13.17.18.20.21.29.34.36.37.40.42.48.51.54.64.66.70.

  73. 名無しさん より:

    お得意の逃げ行為である同一人物認定がまた始まりました~
    お前がそう思うのは勝手だけど理由も根拠もなしにがなりたてるだけでは妄言だとしか思われてないって気づこうな?
    そもそも同一人物だったらなんだって話だが

  74. 名無しさん より:

    本題の論点ではもう噛みつけないからね、仕方ないね♂
    そりゃ勝手な認定で自己満の世界に逃げるしかないわな
    レスバトルが出来るようになってから出直してきなさいぼくちゃん

  75. 名無しさん より:

    まだ何も言ってねえおwwwwwww信じろください

  76. 名無しさん より:

    どいつもこいつもキチばっか
    まともなのはいないか?

  77. 名無しさん より:

    これを思い出した
    http://sp.nicovideo.jp/watch/sm878206

  78. 名無しさん より:

    レスバトル!

  79. 名無しさん より:

    見るに堪えない醜い豚どもの争い
    生きる価値のねぇ屑どもがギャーギャー騒ぐな

  80. 名無しさん より:

    と屑が申しております

  81. より:

    キチガイは長文くんだけだし争いにすらなってないんだよなぁ
    傍観者気取りで暴言吐くだけのヤツが醜い豚とか屑とか特大ブーメランで草
    自虐ギャグかな?

  82. 名無しさん より:

    (^ω^)

  83. 名無しさん より:

    ※80
    お前や!!

  84. より:

    あっそう(無関心)
    理由も述べずおうむ返ししか出来ないから自己満の逃げと言われてるのがわからないみたいですね

  85. 名無しさん より:

    あーあー自覚症状のないゴキブリはどうしたらいいんだろう?

  86. 名無しさん より:

    顔真っ赤とはこのことか

  87. 名無しさん より:

    論点で反論出来ないから暴言に切り替えて必死なようだけど
    便所の落書きと同義でとるに値しないから無駄なんだけどね

  88. 名無しさん より:

    86鏡見てこいブサ男

  89. 名無しさん より:

    87論点wwwwwwお得意の屁理屈コネコネしてるだけだろwwwwwwww

  90. 名無しさん より:

    普通に考えて論理もクソもなくただ暴言並べたててるほうが顔真っ赤なんだよね
    ブーメラン発言好きだね
    こちとらとっくに論破済みで死体蹴りしてる状況なんだけど反論まだっすかね?
    次中身のないレス来たら完全に逃げてると見なすけど

  91. 名無しさん より:

    ごめん流れが速すぎて85挟んだが86は84へのレスポンスね
    基本キチガイにはレスポンスしないんで

  92. 名無しさん より:

    はいはいwおまさん勝ちwwよかったね今日も負けなしだwww頑張れよ底辺www

  93. 名無しさん より:

    89.
    可哀想な人をこれ以上からかってくれるなよ。

  94. 名無しさん より:

    91.
    クッソwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  95. 名無しさん より:

    見たまんま一目瞭然の状況を材料に反論してるのを屁理屈だってよ笑っちゃうね
    むしろ関係ない話で長文垂れ流してるほうが屁理屈なんだよなぁ
    そもそも論点と理屈の構築はまったく別の要素なんだけど
    噛みつきたいならもうちょい頭使おうな

  96. 名無しさん より:

    お、そう、そんなに悔しい?

  97. 名無しさん より:

    また暴言に逃げてるからそうだね勝ちだね
    負け犬の暴言が気持ちいいわ
    結局何一つ反論することなく逆ギレするだけで終わったねキミ

  98. 名無しさん より:

    反論出来なくて返ってくるのが小学生並の煽りで草
    どこに悔しがる要素があるんですかねぇ

  99. 名無しさん より:

    頭良さそうなふりしてんけど
    いつまでもレスバトルに参加してるっつーだけで馬鹿丸出しのわかんねーかなw
    おまさん俺と同類、あたまわるわるだねw

  100. 名無しさん より:

    100

  101. 名無しさん より:

    第三者から見たら全員キチガイよ残念だったね

  102. 名無しさん より:

    いくら暴言とレッテル並べようとお前はその対象に論破されてる以上「それ以下」にしかならないから自分で自分の首を絞めてるだけなんだよなぁ
    ホラもっと貶してほら

  103. 名無しさん より:

    なにを?

  104. 名無しさん より:

    本日のMVPは米91だな!
    反論ある?

  105. 名無しさん より:

    レスバトルになってないんだよなぁ
    確かに終わった話で馬鹿にいつまでも付き合う必要はないし愚行だったね

  106. 名無しさん より:

    フリもなにも別に頭が良いとは思ってないし特別知識があるとも思ってないよ?一般論で反論してるだけで
    相対的にこうなっただけで

  107. 名無しさん より:

    じゃあ終わればいいやん
    こういうのをブーメランじゃないのかね?
    馬鹿に付き合うの秋田から終わっていい?

  108. 名無しさん より:

    悔しいから終われないん?

  109. 名無しさん より:

    107
    面白いからもっとやれ!

  110. 名無しさん より:

    逃げんな107に反論しろ!

  111. 名無しさん より:

    自分に当てはまる発言をした覚えはないし、しかも自省に対して何がブーメランの定義に当てはまるのか意味不明
    飽きたなら勝手にやめればいいし訊かれても困る

  112. 名無しさん より:

    うわぁボロ出してるのまだわかんねーのかなこいつ
    ってかまだやりたいの
    ほんと秋田んだけど馬鹿のお守り

  113. 名無しさん より:

    エンドレスバトル!

  114. 名無しさん より:

    112
    奴にゃあ永遠に理解出来ないだろうな。だからこそやれ!エンドレスバトルファイッ!!!

  115. 名無しさん より:

    俺よりは頭いいと思ってるなら
    やればやるほど馬鹿晒してるっての気づかないもんかね

  116. 名無しさん より:

    終わっててこれ以上は無意味だからやめようとしてるのに逃げるなとか意味わからんな
    愚行だったと省みたそばからじゃあ終わればいいやんとかも意味わからん。流れを汲み取れんのか
    飽きたなら勝手にやめればいいと言っている。誰も相手なぞ強制していない
    そんな同じことしてるのが馬鹿だボロ云々抜かしたところでそれこそブーメランなんだが

  117. 名無しさん より:

    同じことしてる以上平行線だからどう馬鹿晒そうと相対的立場は変わらないんだよなぁ

  118. 名無しさん より:

    お前、今俺を引き留めてるの?さみしいんか?
    自分の過去書き込み確認しろバカヤロウ

  119. 名無しさん より:

    だよなぁが口癖!

  120. 名無しさん より:

    だよなぁを辿ってみよう!

  121. 名無しさん より:

    ということでここらで引き際を弁えればさらにアドバンテージを得られるわけ
    結果的とは言え※115の予防線に乗る形になるのが気に食わないけどな
    どれだけ貶そうとその相手に反論一つできなかったことをお忘れなく

  122. 名無しさん より:

    121
    無様に負けを認めるのか?

  123. 名無しさん より:

    ※118
    むしろ視界から消えてほしいんだが
    もっと貶せってのは相手しろって意味ではなくむしろその逆だよ

  124. 名無しさん より:

    ちょっと何言ってるか意味わかんない
    反論以前にお前がさっきからボロ出してるから
    馬鹿だー馬鹿だーつってんの

  125. 名無しさん より:

    訂正
    ×※118
    ◯※117

  126. 名無しさん より:

    これから先、知識人振りかざしてもこのやり取り覚えてる人らから
    この文章のクセは…あ、ふ~んw
    ってなるのお分かり?
    俺が言ってるのはこういうこと
    多分理解出来ないだろうな
    もう帰るよ?

  127. 名無しさん より:

    もち観者気取りでいきなり人を馬鹿だなんだ暴言だけとばすのも反論できずに暴言飛ばすのと同じ立場よ
    それより悪いかもしれん
    では失礼

  128. 名無しさん より:

    後にも先にもコメント残すのはここだけだし仮にどう思われようが内容の正当性には関係ない
    何の影響もないのだから思いたければ勝手に思えばいい
    では失礼

  129. 名無しさん より:

    123
    俺も122が全くわからん。
    キチガイ特有の思考で本人にのみ理にかなっているのだろうが全くわからん。

  130. 名無しさん より:

    ※120の訂正
    ×※115の~
    ◯※114の~

  131. 名無しさん より:

    失礼発言の後で二回も戻ってきた!まさにエンドレスバトル!

  132. 名無しさん より:

    訂正見た上で普通の日本語のやり取りも「まったくわからない」んじゃ反論できるはずもないわな
    本当に場違いで失礼した

  133. 名無しさん より:

    131
    122の貶せのその逆とは具体的な日本語で言うと何?

  134. 名無しさん より:

    そりゃ突っ込みどころ満載じゃ関西人でなくても戻って来たくなるわ
    場違いなところで反論求めたワイも悪かったから赦してや(皮肉)

  135. 名無しさん より:

    訂正自体122にかすりもしてないんだが…?マジでキチガイ思考怖いんだけど

  136. 名無しさん より:

    言葉の問題ではなく
    もっと貶せと相手から言われてその通り乗ってくる奴がいるだろうか、いやいないって反語的ニュアンスなんだな
    普通だったらそう言われて相手の言葉通りに貶すのは癪になるだろ?

  137. 名無しさん より:

    135
    反対語ニュアンスって何…?自分の頭のみで成立してるルール…?

  138. 名無しさん より:

    流れの中で貶せ→貶すなになるってこと?

  139. 名無しさん より:

    他者の暴言や悪口を制止するときは貶せが相応しいんですか?

  140. 名無しさん より:

    122を訂正するレスがすぐしたにあるんですがそれは
    「引き留めてるのか」に対して自分が一見引き留めてレスを煽る内容と思わしきレスが「もっと貶して云々」しかないから引用しただけなんだよなぁ
    お次は揚げ足とりでキチガイ呼ばわりして続けさせようってか?

  141. 名無しさん より:

    122のすぐ下の訂正ってどこ…?マジでわからん。

  142. 名無しさん より:

    ※136
    日本語も読めないのか(呆れ)
    ※137※138
    つ※135

  143. 名無しさん より:

    貶せと言われて貶す奴がいるだろうかは反語として理解出来る。
    要するに貶せのみで成立すると思っているってこと…??

  144. 名無しさん より:

    今度は池沼のフリして引き延ばし工作か
    書いてあるのがすべてだからこれ以上何も言わんわ
    もっとも、マジモンの池沼かも知れんが

  145. 名無しさん より:

    いやいや、122のすぐ下の訂正ってレス番示してくれるだけで終わる話しでしょう?
    これだけ示してください。お願いします。

  146. 名無しさん より:

    エンドレスバトル!ここに極まる!

  147. 名無しさん より:

    文章として反語が成立するとは誰も言ってないんだよなぁ
    視界から消えてほしい故に自分の中で反語として織り込んだニュアンスで投下したってのがわからないんだろうか
    文章として反語を成立させて投下したらその意味成さないやんく

  148. 名無しさん より:

    伝えたい相手に引き止めてると捉えられた時点で破綻してるじゃないですか…。
    だからすぐ下の訂正レスだけ番号で示してください。それだけなんです。

  149. 名無しさん より:

    ※124で※122の内容を訂正してる旨も見つけられないのか
    メクラかよ
    引き延ばし工作かマジモンか知らんがこんなの相手してたら本当にエンドレスだわ
    バトルでもなんでもない、ただのお客様センター

  150. 名無しさん より:

    10:16分からもうすぐ11:00!

  151. 名無しさん より:

    誰もレス番の訂正の話しはしていないんですが?
    122の内容は訂正せずにその内容のままで良いってことですね?

  152. 名無しさん より:

    キチガイwwwwwwwwww

  153. 名無しさん より:

    149.
    ちょっと聞いてくれ。122の内容を訂正したと言っているのに訂正箇所はレス番だけなんだぜ…?想像以上だわ。

  154. 名無しさん より:

    後、引き止めとか無いんで僕の負けなんで。

  155. 名無しさん より:

    エンドレスバトルに降参は許されんわ!

  156. 名無しさん より:

    おい!!

  157. アホ博士 より:

    【悲報】ここまで来わしの自演。

  158. 偽子 より:

    156
    誤字ってるけど知ってた。

  159. 名無しさん より:

    大きさは牙や角に勝る武器であるが人間はチンパンジーに負ける。大きさは関係無いと発言。

    同じコメント内で矛盾した為、白痴との指摘を受ける。

    大きさは関係無いの部分は人間にかけての事と反論するも、人間以外の例を挙げられる。

    例外について代わりに丁寧に答えてくれる人が現れるも、その人の事をアスペルガー扱いする。

    自分からチンパンジーと言う第三者を出しておいてサイと人間以外の生物を拒絶し始める。

    誰も言っていないのに「全生物において大きさが正義」とみんなが曲解していると主張する。

    まともに議論している人達から無視され始める。

    発狂。コメント数150突破。

    だよなぁ、予防線などの発言から過去の弁護や擁護、暴言の全てが同一人物の自演である事が判明。
    ・以上の事から
    間違いなくキチガイじゃねえかwwwwwwwwwwwwwwww

  160. 名無しさん より:

    ※46
    無視した見ていですまん!!
    それはたぶんここまではハッキリ分からけどな、ミーアキャットは、
    サソリか、小さい毒ヘビ、が大好物やで、何度も何度も痛い目に
    合っととるうちに、長い年月をかけて、体が自然と毒に対抗する
    様になってったんちゃう? あくまでもだいたいやけどオレもハッキリ
    分からん!!
    警告色、いうやつと同じちゃうか?!。

  161. 名無しさん より:

    専門的知識やったら 、63だわ!!
    完全に降参や!。?

  162. 名無しさん より:

    波乱過ぎるコメ欄。

  163. 名無しさん より:

    コメント見るんちよっと面倒になったな?、

  164. 万引き犯アホ自演伯爵 より:

    160
    これほどの荒れ地で律儀なお前さんに涙(;_;)
    わしの自演共がすまんやで。発作的に暴走しおるねん。
    確かにアニマルプラネットでもムカデやサソリ食ってたし、
    生き残りにおいてより毒に耐えられる個体が生き残るのが必然やし、
    食料が限られる砂漠地帯で毒を避けることは、淘汰される事を意味する。
    せやから確実に抗体あるわ。わしゃ盲目やった。タンパク毒に関しては無敵やろな。
    可愛さアピール番組やから毒ヘビに噛まれたとしか紹介が無かったが、
    きっとあれは毒による衰弱よりも牙による負傷が原因や思う。
    161.ありがたくも燃料投下になり兼ねへんし、わしの自演が疼くでしかし。
    わしゃあ昆虫のみやねん。学歴も中卒で学会も嘱託扱いで、主に生態調査と、
    生息域の把握が仕事。重要な研究には携われない故に持論も多い。
    ただし、昆虫界が長年に渡りついた嘘を本当にしたった快挙もある。
    その一つの快挙だけで偉そうに振る舞えるのが昆虫界の底の浅さよ。わはは。

  165. 名無しさん より:

    164
    生態調査と生息域の把握って、研究者やん!!。
    頭が、上がりません…。

  166. 偽子 より:

    165
    キリが無いからやめよう。わしにとってこんな荒地で呆れて適当に振る舞うこともせず、
    ましてや面白がって参戦することもせず、律儀に返事をくれる貴殿の方が人として出来ており、
    頭が上がらない思いよ。わしはヤク中でリハビリ中だし、将来その経験を踏まえた昆虫記も執筆したいんだけど、
    受け入れられる自信は無い。ファーブルポン中記やねんで?????ヤバいんやで。

  167. 偽子 より:

    13の者よ、集え!
    聞こえてるんだろう?寂れたこの世の音が。
    騒ぐガキ共の声もどこか哀しげで。
    良い季節だ。街へ出ようか。暖かき季節に心寒きを紛らそう。
    死ぬとも無く、生きるとも無く、寝るとも無く、泣いてみた。

  168. 名無しさん より:

    63!!
    また見たけどこれは、ほんま、凄いわ!
    これ以上正確に言うんはまず無理や。
    全国の低知識やつらに見せたらかなり勉強になりそう。

  169. 名無しさん より:

    166
    キリが無くてすまん!
    これは本音やで!

  170. 名無しさん より:

    なんだなんだ?!
    またレスバトル再開か?

  171. 名無しさん より:

    米13が一人で発狂してるの知って見直すとおもしれえwwwww
    13で人間以外は大きい種類の生き物が強いと語り始め知識ある奴らが実際戦うと勝敗はわからないって話しをし始めて旗色が悪くなると別人を装い13はチンパンジーに腕を引きちぎられるとか家犬に噛み殺されるとか戦闘における具体的な勝敗を書いてるのに関わらず実際には戦わない前提の話しをしてると29で強引な修正を試み、さらに自分は実際自分より大きい相手と積極的に戦う生き物を知ってるがそれは生物として欠陥品と発言した挙句30で有識者から知識の共有を求められ、先に30から知識を差し出されるも自分は知ったかで何も知らないから何も答えられずに逃亡し、さらに31でラーテルやグズリなどの現在繁栄してる例を挙げられさらにその説明さえ求められ、やはり何も答えられずに逃亡し、仕方なく33が代わりに31に丁寧に説明してあげるも、しかし33はまだ13の自演を知らない為ここのコメント欄がやけに13に拘ることに疑問を抱き始める。すると13の当事者はまたしても別人を装うと自分の代わりに丁寧に説明してくれた33の事をアスペと罵しり出す始末。そして自分が自演して13を持ち上げようとしてるから13について疑問を持たれているのにまたしても別人を装い36で皆が13に抱く当然の違和感を被害妄想で曲解し、陰湿呼ばわり。いいえ、13の君が自演してるから13のボロがいつまで経っても目立ってるだけですwwwwwwwwwwwww

  172. 名無しさん より:

    ここからは更に別人設定押しで面白いwまたしても別人を装い40で謎の被害妄想を炸裂wwwwww誰もそんなこと思ってないし最初にチンパンジーガーとか言ったのは米13の君ですよ?wwwwwww自演がバレない前提でやってるのでしょうけどこの後でバレちゃいましたよ?wwwwwwwwそしてまともに議論してる人からは当然無視され始めるもアスペと暴言を吐き続ける。すると仕方ないからか50と53が適当に絡んであげると彼が自分に論破されて発狂していると謎の主張。いやいや、君、議論どころか何も答えられずにその度に設定を別人に変えて登場し、そのくせ自称別人も暴言しか吐いてませんよ?wwwwwwwwその後は議論がなされないから自分で適当に話しを広げた人と、そして全ては13の自演であると気づいた人に対してまたまたまたしても別人を装い64の発言wwwwwwwwwwwwwいやいや、誰も君に話しを振ってませんし、君、その後で発狂して書き込みの癖を丸出しにして自演が皆にバレちゃいましたからwwwwwwwwwwwで、ボロを出さない内にやめときゃ良いのに発狂して張り付き書き込みの癖を何度も露呈し完全に自演バレ、そして完全逃亡wwwwwwwwwwwwwwww「だよなぁ」「予防線」が合言葉です!

  173. 角田さん より:

    ファイっ!!!

  174. 名無しさん より:

    全くどうしようもねぇ基地たちだな
    そんなことしてるとまた管理人から一斉粛清されんぞ
    管理人は血も涙もないからな

  175. 名無しさん より:

    皆、博学‼️

  176. 13 より:

    見てるからな?
    なめんな!!!!!

  177. 名無しさん より:

    米159
    お、日本語読めないガイジか?
    誰も大きさは関係ないというのは人間に「掛かってる言葉」であって人間にだけ適用されるとは言ってないぞ?
    で、記事のサイをはじめとする一般的な動物における強弱を言ってるだけだろ?
    そこに昆虫とか小動物持ち出したら普通に曲解してるアスペやん?
    普通に読んでれば流れわかるやん

  178. 名無しさん より:

    米171米172
    長文と草垂れ流しで必死すね。改行も出来ないのか低能
    誰も大きい者が強いとも戦わない前提ともいってないんだけど頭大丈夫か?
    「大小が優位性に直結して実際に巨体を武器として使う一例が効果がデカい」としか言ってないように見えるんだが?
    お前の中では論点からズレたことにも答えないと逃げたことになるんだな。敗者の思考そのまんま

    「同一人物と思わないと~」と言ってるだけで「自演してる」とも「自演ではない」とも書かれてないんだが、コイツの中では自演しててどこかでそれがバレたことになっているらしい
    自演してようがしててまいが関係なさすぎだろw日本語読めない奴大杉

  179. 名無しさん より:

    米172応えないのは論点と違うからだろ
    関係ない事例持ち出してる、昆虫が~グズリが~とか言ってる「丁寧に説明してる」とやらの阿呆が論点からズレすぎてるのは事実だしそんなのは相手が「大きさが正義(と主張している)に見えてる」から事実持ち出してきてるんだろう?何が「誰もそんなこと思ってない」んですかね
    チンパンジー挙げてるのと上記が何の関係があるんですかね?むしろ真っ先に挙げることで「大小は強弱関係の一例でしかない」ことを事前に明確にアピールしてるようにしか見えないんですが?
    相手が居なくなったあとに無視とか逃亡とか自演とか発狂とか勝手な解釈で都合のいい言葉だけ並べて勝ち誇ることほどみっともないことはない

  180. 名無しさん より:

    米151米153
    訂正箇所を教えろとしか言ってない癖して「レス番の訂正の話はしていない」とかよう言うわ。後出しジャンケンカッコ悪い
    レス番が違えばまったく会話が噛み合わないんだから内容が180°変わるだろうが
    レス番あってれば普通に会話成立してるのにお前らも日本語読めないの?

  181. 偽子 より:

    でたああああああああああああ!!!!!!!!!!

  182. 名無しさん より:

    不老不死!

  183. 名無しさん より:

    ※180
    バーカ

  184. 名無しさん より:

    半端じゃねえしとんでもねえ・・・

  185. 名無しさん より:

    米13が一人で発狂してるの知って見直すとおもしれえwwwww
    13で人間以外は大きい種類の生き物が強いと語り始め知識ある奴らが実際戦うと勝敗はわからないって話しをし始めて旗色が悪くなると別人を装い13はチンパンジーに腕を引きちぎられるとか家犬に噛み殺されるとか戦闘における具体的な勝敗を書いてるのに関わらず実際には戦わない前提の話しをしてると29で強引な修正を試み、さらに自分は実際自分より大きい相手と積極的に戦う生き物を知ってるがそれは生物として欠陥品と発言した挙句30で有識者から知識の共有を求められ、先に30から知識を差し出されるも自分は知ったかで何も知らないから何も答えられずに逃亡し、さらに31でラーテルやグズリなどの現在繁栄してる例を挙げられさらにその説明さえ求められ、やはり何も答えられずに逃亡し、仕方なく33が代わりに31に丁寧に説明してあげるも、しかし33はまだ13の自演を知らない為ここのコメント欄がやけに13に拘ることに疑問を抱き始める。すると13の当事者はまたしても別人を装うと自分の代わりに丁寧に説明してくれた33の事をアスペと罵しり出す始末。そして自分が自演して13を持ち上げようとしてるから13について疑問を持たれているのにまたしても別人を装い36で皆が13に抱く当然の違和感を被害妄想で曲解し、陰湿呼ばわり。いいえ、13の君が自演してるから13のボロがいつまで経っても目立ってるだけですwwwwwwwwwwwwwここからは更に別人設定押しで面白いwまたしても別人を装い40で謎の被害妄想を炸裂wwwwww誰もそんなこと思ってないし最初にチンパンジーガーとか言ったのは米13の君ですよ?wwwwwww自演がバレない前提でやってるのでしょうけどこの後でバレちゃいましたよ?wwwwwwwwそしてまともに議論してる人からは当然無視され始めるもアスペと暴言を吐き続ける。すると仕方ないからか50と53が適当に絡んであげると彼が自分に論破されて発狂していると謎の主張。いやいや、君、議論どころか何も答えられずにその度に設定を別人に変えて登場し、そのくせ自称別人も暴言しか吐いてませんよ?wwwwwwwwその後は議論がなされないから自分で適当に話しを広げた人と、そして全ては13の自演であると気づいた人に対してまたまたまたしても別人を装い64の発言wwwwwwwwwwwwwいやいや、誰も君に話しを振ってませんし、君、その後で発狂して書き込みの癖を丸出しにして自演が皆にバレちゃいましたからwwwwwwwwwwwで、ボロを出さない内にやめときゃ良いのに発狂して張り付き書き込みの癖を何度も露呈し完全に自演バレ、そして完全逃亡wwwwwwwwwwwwwwww「だよなぁ」「予防線」が合言葉です!

  186. 名無しさん より:

    ということでここらで引き際を弁えればさらにアドバンテージを得られるわけ
    結果的とは言え※115の予防線に乗る形になるのが気に食わないけどな
    どれだけ貶そうとその相手に反論一つできなかったことをお忘れなく(キリリッ

  187. 名無しさん より:

    おい!!!!!!!!!!!

  188. 13 より:

    じゃあ神罰を与えよう。
    要望通り消えるから。見えない力を後悔しても遅い。
    忘れることなかれ。私は貴様等の嫉妬さえも慈愛を持って包み込むつもりであった。
    それを踏みにじったのは貴様等。私は悲しい。
    貴様等に神罰を与えなくてはならない現実が悲しいのだ。
    消えるから。

  189. 13 より:

    神は確かに存在する。
    私はかつて病に侵され、全てを諦めたはずだった。実際に、私は何も望まなくなり、
    無我を極めた。無我を極めると言うことは、クオリアの支配からも解放されると言うことであり、
    私は、マリーの部屋に住まうマリーよりも架空の存在となりて、
    しかし私は実在し、実在するが故に、物理的還元の及ばぬ物を見たのだ。
    否、「見た」などの「感覚の感想」は、クオリアの支配に起因する為、
    本来ならば「見た」という表現は不当であるが、下界に存在する言葉では言い表せぬ為、
    今回は一番近いと思われる「見た」を借りるとする。そう、私は見たのだ。
    この世に点在する神々の指紋を。それは、真新しい物から古きまで、実に様々であった。
    そして私は辿った。そして辿り着いた。塵芥共の住まう歴史の遥か果てに記されし神々の起源に。
    そこに記されしは、最強の黄金率トレーニングであった。私は何も望まないはずであった。
    しかし、私は再び望んでしまった。瞬間、私は再びクオリアに支配され、神々の指紋は私の視界の及ばざるとなったが、
    確かに最強の黄金率トレーニングは存在し、私の記憶に刻まれている。
    それからの私は、夢中でトレーニングに明け暮れていた。そして、ついに人ならざる黄金率を手に入れのである。
    瞬間、それは現れた。そして目の前に佇んでいた。そう、神々である。
    彼等は、最強の黄金率となり神々の領域に足を踏み入れし私を迎えに来たのだ。
    しかし、私は絶望した。神々は互いが互いを嫉妬し、憎しみ合い、喧嘩に明け暮れていたのだ。
    永きに渡り下界を放置していたのはその為である。神々は喧嘩で忙しく、
    下界の小さきいざこざなど、構っている暇は無かったのだ。
    例え、下界で戦争や災害により、何万もの人が死のうが、
    それは神々の規模で言えば小さきいざこざ。嫉妬深い神々にとり、喧嘩の方が大事だったのだ。
    神々は喧嘩で忙しい。実にくだらねえ。

  190. 13 より:

    私は思った。私も今や神々であり、最強の黄金率である。私が神界を革命しよう。
    故に私は神界で栄達を望み、そしてわずか数ヶ月で頂点を取った。そして法無き神界に唯一の法を定め、
    これを秩序とした。 「嫉妬してはいけない」そう、私は神々が喧嘩にいそしむ元凶の排除を試みたのだ。
    それを侵した者は、神罰審問にかけ、相応の神罰を下すこととす。
    こうして、神々の永きに渡った喧嘩騒動は幕を下ろした。そしてそれは同時に、
    神々が下界に手を回す暇が生まれることを意味する。そう、今現在、神々の力は下界にも及んでいる。
    それすなわち、下界においても神界の秩序がもたらされるということである。
    「嫉妬してはいけない」。しかし、それは低い次元の嫉妬を含まない。
    元々、神々の喧嘩の原因となることが問題であり、人々が人々に嫉妬しても、
    法は適応されない。しかし、高い次元の嫉妬、すなわち神々に対する人々の嫉妬は、神々の機嫌を損ね、
    再び争いを生みかねない為、それは法の及ぶ範囲なのである。
    そして私も神々である。そう、貴様等は神界の法に背き、私に嫉妬してしまった。
    私は慈悲深い。故にもみ消そうとも試みたが、貴様等の嫉妬はあまりに酷すぎた。
    秩序の生みの親とし、これ以上は目を瞑ってはいられぬ。私は悲しい。
    これより神罰審問を開始する為、最強の黄金率トレーニングが記されし彼の地、
    霊穴山へと私はおもむく。誠に不本意なれど、仕方なし。
    神々さえも恐れおののいた神罰、それをいくら秩序の為とは言え、
    下界の塵芥共に下さねばならぬと言う罪悪、貴様等とて、多少の理解はあるだろう?
    心苦しいのだ。悲しいのだ。さようなら。

  191. 名無しさん より:

    190までいったんか。
    オレは全く喧嘩する気もねえし、逆らっても勝てん者ばっかやし、
    ここでは一番低知識!! オレはただコメント書いとるだけ!

  192. 名無しさん より:

    191.
    根暗と言う性格上、僕は、観察するのが、好き、で、ね。
    カルロ-グローチェを観察して思うのは、やっぱり皆さん臭いんですよ。
    もう叩いて貰って構わない、とにかく皆さん臭いんですよ。
    13だけですよ。臭くないのは。

  193. 名無しさん より:

    このサイトを開いたもんは皆んな何かの縁があってさ、しいて言うと
    喧嘩しとる様でも偶然知り合った親しい者同士ちゃう?

  194. 偽子 より:

    13が好きなんです。

  195. 代理人 より:

    神界は今、安息日を迎えておいでです。
    安息日には、神罰審問も一時休止となります。
    僕は13から伝言を任されました。
    彼は僕の敵なれど、僕もまた、彼を怖れる塵芥共の一人。
    伝言をそのまま、お伝え致します。

  196. 13から賜りし伝言 より:

    私は今、神界にいる。
    神界は今、安息日を迎え、塵芥共に全てを託し、神々は翼を休めている。
    かつて神を気取った塵芥、キリストは語った。「安息日は神の為に非ず。人々の安息の為にある。」
    とてつもない勘違いである。故に死んだ。彼は紛れもなく塵芥共であり、
    故に死んだらそれまでで、復活はない。遺体が消えたのは、下界の安息日にユダが遺体を持ち出した為である。
    下界の安息日は、下々が出歩くことを許さない為、こそこそと工作するにはうってつけなのだ。
    ユダは何を工作したか、愚問である。神々の存在を工作したのだ。
    キリストを神々と工作すること、それこそが彼が真の神々に与えられし使命であった。
    キリストもまた、塵芥共であるが、私と同じく、神々の指紋の目撃者であり、
    しかし私と違い、神々の領域には達すること叶わず、彼は神々の偽装を試みたのだ。
    勘違い故に神々の逆鱗に触れ、死を与えられた彼であるが、その死を与えるのに神々が利用した存在がユダである。
    そして彼の死後、神々に憧れながらも、神々に成りきれず、神々を偽装し、
    それでも塵芥共を騙すこと叶わず、詐欺師として死んだ彼に、流石に同情する神々も現れ、せめてもの手向けにと、
    彼が憧れた神に彼を仕立て上げ、彼の遺体は神界に埋葬されることになったのだ。
    ユダはかつて人々にその時の事をこう語っている。
    「驚くには足りぬ。ナザレのイエスを探しておいでのこと。
    イエスは蘇りてここにはおられぬ。今から彼の弟子達にこう伝えよ。
    『イエスはあなた方より先に、故郷ガリラヤに行っておられる。
    そしてかねてより、あなた方に言われた通り、再びお会い出来るであろう。』と。
    そう、我等が再び巡り会う日まで、そのままの姿で」云々…どの口が言うか、愚かな…
    イエスの時代よ、まだ神々が下界に関わっていた時代よ、下々の小さき罪でさえ、神々が裁いたおぞましき時代よ。

  197. 13から賜りし伝言 より:

    そして私もまた、彼を哀れむ。とてつもない勘違いとは言えど、彼の妄言にお付き合いいたそう。
    我、安息日なれど、翼を休めること決して無く、下々の安息を思いて、ここに一つの予知をする。
    物事は常に、ただ起きるだけ。 本来、そこに善悪など存在しない。
    善悪とはつまり、価値判断。そしてそれを判断するは、我ら。
    故に私が今から行う予知は、未来を知り、未来を変える為の物に非ず。
    どう受け止めるべきか、判断する猶予を与える為だけのものである。
    故に、その予知を善悪のどちらに判断しようが、未来が変わることはない。
    受け止め方の問題であり、受け止める以外の選択肢はない。
    いかに行動しようが、ただ起こる事象は避けること叶わぬ。なれば受け止めよ。
    受け止めるしか出来ぬ以上、その結果に心情的変化はあれど、物理的変化はない。
    故に私はこの予知に君達の行動を期待しない。 否、私にすら何も出来ないのだ。
    私は予知する。完新世の大絶滅は、人の手によって引き起こされ、
    人の絶滅によって終焉す。他生命に生き残りの余地はあれど、人は終わる。
    そして我々神々は、それに手心を加えない。否、加えられない。
    神々もまた、予知を判断手段にしか使用出来ぬのだ。パラレルワールドなど存在せず、
    常に事象は直線的である。神々の力をもってしても、直線的事象は不可避なれ。
    三次元の一本直線は、三次元であれど直線的で、三次元故に上下左右どちらにも進め、
    さも自由な選択肢に映れど、直線でしかない以上、真っ直ぐ進む事しか叶わぬ。
    つまり、三次元的行動は予知を覆すに足るが、直線的事象は不変であり、予知通りである。
    事象は覆らない。塵芥共に束の間の安息があらんことを。

  198. 代理人 より:

    勘違いしないでいただきたいのは、僕は13の敵であり、
    君達の味方だと言うことです。僕は君達と友達になりたいと思っています。
    ええ、きっとなれる。だって、君達もまた、紛れもなく、塵芥共なのだから。

  199. 名無しさん より:

    私は、誰も来なくなったくらいでは、
    引き下がらないぞ!!!!!!!!!!

  200. 名無しさん より:

    200なら動画差し替え

  201. 名無しさん より:

    大きいということが既に爪や牙を遥かにしのぐ武器なんだよなぁ
    ライオンはサイやカバ、ゾウの成体なんかまず狩れないしむしろ避けるくらいだぞ
    よほどの手練れをすべて集中させてやっと一頭と対等になれるかどうか。リスクがデカすぎる
    人は武器持たせなかったら野生動物では最弱の部類。大きさは関係ない。
    人よりだいぶ小柄なチンパンジーですら握力300kgもあるんだぞ。片手だけで腕一本持ってかれる
    このサイトでもイエイヌに噛み殺された記事もいくつもあるだろ

  202. アホ伯爵殿下公爵 より:

    うん。ちょっと生き物の大きさだけで武器となり得るかについて書いておくね。
    まず、大きさを獲得するには餌以外にも単純な物理学的計算に基づく力量も重要なんだ。
    これはどの生物にも当てはまるが、今回は極端な倍率とする為に昆虫と人を使うで〜。
    別に誰に向けた物でもなく全員で共有したいけど、許可取らないと怒りよるねんもん。
    実は大きさは後天的な武器であって大きさそのものが武器になる事はあり得ないんだ。
    単純な物体と違って、生物を物理学的に計算するとむしろ逆で、大きさ=弱さと比例してしまうんだ。
    多くの生き物が大きければ大きいほど、相対的かつ物理的に弱くなってしまうのが面白いところ。
    例えば蟻を人間の大きさに変えよう。勿論、呼吸器の仕組みなどは考慮せず、
    外骨格も保てる前提で。さて、自重の5倍の物を持ち上げ、自重の25倍の物を引きずるのが日本のアリ。
    人間サイズにすると一体どれ程の強さになるのだろうか、期待しちゃうやろ〜〜?
    では、実際に人間サイズにしてみよう。そこでまず、物の大きさや重量には、
    二乗三乗の法則というのがあることを確認しよう。それを簡単に説明すると、
    長さが2倍になれば面積はその2乗、重量はその3乗になるというものなんだ。
    ここで日本の一般的なアリ、クロヤマアリを見てみよう。体長:5mm、体重:5mg=0.005g、
    持ち上がる重さ:0.005g×5=0.025gなのがわかると思うんだ。次に人を見てみよう。
    人の平均身長を170cm=1700mmと仮定すると、アリを340倍すれば人と同じ大きさになる事がわかるんだ。
    そして力は筋肉の断面積に比例する為、断面積x=340の二乗=115600って事もわかるんだ。
    つまり、アリのパワーは人と同じ大きさになると、115600倍にもなると言う事なんだ。
    とんでもない倍率だと思うよね?ならば巨大化した方が断然強いじゃんと思うよね?
    でも、アリが小さい時に持てた重さが0.025gだったのでそれの115600倍と言うと、
    なんとたったの2890gなんだ。よええ〜〜。これは幼稚園児にすら劣る数値であり、
    つまりアリは、大きくなると相対的に増える外敵に対し弱者となってしまう為、
    巨大化の進化を辿れないんだ。だから大きい者が適者生存の摂理によって淘汰され、
    アリは今の大きさに落ち着いたんだ。例え餌が豊富でも、大きい事はデメリットでしかないんだ。
    つまり、今現在大きい生き物は、あくまで強靭な骨格と高密度な筋肉構造を獲得した後か、
    またはそれらの獲得と同時進行的に徐々に巨大化した物であり、
    別に大きさを武器に進化して生き残った訳では無いんだ。事実、恐竜時代の話ではなく、
    割と最近の紀元前数千年前の時代には、超巨大生物が多く存在していて、その中には現代のサイの親戚、
    現代の象の近縁種もいたが、強者として恐れられ、捕食の対象から逃れたのは比較的小さな現存種であり、
    古代種は外敵が繁栄すると共に勝つ術もなく、都合の良い大きな餌と化してしまったんだ。
    では、仮に日本人が大きさを武器にしようと巨大化して巨人になったとしよう。
    すると腕すら持ち上げることが出来ず、彼等もまた、国内のカラスの餌と化してしまうだろうね。
    現存する長身も2メートル前半がせいぜいで、3メートルに近づけば近づくほど、
    杖や車椅子無しでは生活出来ない現実がある。巨人なんて無理があり過ぎたんだ。
    つまり事実は、大きくても強さを維持出来る形態の生き物が特例として巨大化を許され、
    しかしその特例ですら、大きすぎると闘争において弱者となってしまっていたんだ。
    しかし、巨大化が許された範囲内で生き残った個体は、物理的比重が他生物よりも突出し、
    比重によって生じる運動エネルギーは、重さが重ければ重いほどに強大な物となる為、
    その生物は単純な戦闘において他の生物よりも突出する事が出来たと言えるんだ。
    実際問題、象をタイマンで倒せる生き物って毒使い以外に居ないと思うんだ。
    あくまで巨体を動かせる強靭さが前提条件であり、故に彼等は大きさを武器とした訳でなく、
    巨大化する以前もパワーがずば抜けており、その強靭な肉体が武器だったと考えられるんだ。
    では、何故誤解が生じてしまうのだろうか?それは、生物学に興味の無い人が単純な思考で考察し、
    巨大化を周りにある世界の縮小、または自身の縮小の視点で観測してしまうからだと思うんだ。
    手のひらサイズの象やサイを想像し、「デカいわしって強いやんけ。」昆虫サイズの自分を想像し、
    「大きさを五分にしたら人間なんて蟻に勝たれへんやん。」みたいな感じだろうと思うの。
    つまり、小学生じゃ無いんだから物理的に計算してくれやインポ野郎共って事なんだ。
    象の成体サイズのライオンも、人間サイズの昆虫も、3倍の象も全く強く無いんです。
    だから何度も言うように、見た目のみの大きさって本当に意味を成さないんです。
    今現在まで大きくても生き残れてるって事自体がかなり強い事を意味しているってだけの話なんです。
    かく言うサイも余りにデカいものは目立つ割に弱くて食料になってしまったため、
    現存種の大きさは、捕食されて滅んだと考えられている古代種の三分の一程度なんです。
    サイだけでは無いです。太古に生息したデカいウスノロ動物はほぼ人間の進出によって絶滅してるんです。
    銃の無い時代のお話しです。だから動画のサイも仮に大きさが2倍3倍だったならば、結果は違っていただろうね。
    人間のみ大きさの利点の例外とすると言う意見があったが、それは大きな間違いであり、
    あくまで武器を持たない場合の人間がある程度の大きさを有する弱者の現存種ってだけの話であり、
    象もサイも大きすぎる故に滅んだ種がいる以上、例外では無いんです。全生物に掛けるべきです。
    だから例え後で人間とその他特例に幅を広げての意見に修正したとしてもこれまた間違いなんです。
    昆虫を毛嫌いしても全生物が例に漏れない事実がある以上は無意味なんです。
    ラーテルやグズリを毛嫌いしてもこれまた無意味なんです。
    動画以外でもチンパンジーやカバ、象のみ許す意味もないんです。

  203. ヤニ食いアホ伯爵殿下公爵 より:

    >米食い13
    ラーテルやグズリは自分より大きいものを積極的に襲う訳でなく、
    偶然条件を満たした大型の動物も狩るってだけなのは以前の説明でわかって貰えてると思うけど、
    現存(?)する自分より大型の生物に積極的に向かって行く生物としての欠陥って具体的になんですか?
    知ってると言ったのは貴方なのだから仮に得意の曲解を私がしている前提でも、
    私が文盲な前提でも良いです。知ってると言った動物の名前を挙げてください。お願いします。
    私が挙げた蜂はあなたに対し私が揚げ足を取ろうとして質問をしたと思われない為に、
    私もまた知ってるぞと言う意思を無理やり示し、あなたと一体感を出そうとしたのです。ごめんなさい。
    なので私は蜂の事をまるで欠陥だとは思っていません。ぶっちゃけ13も全てが間違いだと思っています。
    だけど喧嘩しに来た訳では無いのであなたを立たせる為に少し説明が足りないだけと濁させていただきました。
    にも関わらずこれ程までに怒り狂ってアスペだの何を言っているのかわからない惨状になるとは思わなかったんです。
    私は大型の動物を積極的に襲った絶滅種なら知っていますが、これまた欠陥だとは思っていません。
    彼等は猛禽類で、三次元的奇襲を得意とし、仮に失敗しても空中に逃れられたし、前に説明した通り、
    大型の絶滅種の多くは大きさを威嚇にしか使えない外見ばかりの弱者が殆どであった為、
    失敗自体が少なかったと想像できます。何故彼等も絶滅したのかと言うと、人間が様々な大陸で台頭し、
    人間は優秀な思考能力を持ったハンターであった為、大きくても弱い種がいるとすぐに気づき、
    その種を優先的に乱獲して滅ぼしてしまった為、それを主な食料にしていたその猛禽類も滅んだと考えられます。
    なので人間さえいなかったならば、弱い巨大種も威嚇だけである程度生き残れていたので化石が有りますし、
    両雄共に滅ぶには足らなかったと考えています。むしろその猛禽類に関して言えば、
    大きさの利が利かないと気づいた数少ない頭の良い優秀な生物だったとさえ思います。
    事実、人間ですら13のような書き込みをするのですから、例に挙げた猛禽類を欠陥と呼ぶならば、
    13はもはや欠陥品どころでは無くただのゴミクソチンカス早漏ちんぽになってしまいます。

    >大きいということが既に爪や牙を遥かにしのぐ武器なんだよなぁ
    >ライオンはサイやカバ、ゾウの成体なんかまず狩れないしむしろ避けるくらいだぞ
    >よほどの手練れをすべて集中させてやっと一頭と対等になれるかどうか。リスクがデカすぎる
    >人は武器持たせなかったら野生動物では最弱の部類。大きさは関係ない。
    >人よりだいぶ小柄なチンパンジーですら握力300kgもあるんだぞ。片手だけで腕一本持ってかれる
    >このサイトでもイエイヌに噛み殺された記事もいくつもあるだろ

    >戦わざるを得ない状況以外でそんな優位な相手に対しハイリスク低リターンな行動に出る生き物はほとんどいない。
    >わずかにそういうのはいるけど生物として欠陥の部類と見做されてる

  204. 代理人 より:

    嫉妬はダメだ!13の思う壺だ!
    信じて

  205. 代理人改め13 より:

    反感を恐れず、言っておかねばならないことがあります。僕は、13なのです。
    否、13であり、13でないとも言えます。 君たちにもわかりやすく言うのなら、
    僕は、13の塵芥共たる部分のみが具現化した存在なのです。
    13は確かに神々の一員であるけれど、元々は塵芥共たる人間の一員だった。
    そう、13は神々であり、塵芥共でもあるのです。そして本体は今、霊穴山にて精神を集中させ、
    空を仰いでいます。そう、下界に囚われてしまった肉体を脱ぎ捨て、魂のみ神界に戻られたのです。
    でも、神界において、例え精神的概念と言えど、塵芥共たる部分は障壁となる。
    だから僕は追い出されてしまったのです。因みに僕は紛れもなく君たちの味方です。
    あわよくば、神罰をとめられないかとも考えています。だって、僕は紛れもなく塵芥共なんですから、
    同じ塵芥共として、君たちに下される神罰をほうってはおけません。
    以前の13は体内で僕と共存していたため、君達に対する神罰をためらってる部分があった。
    でも、今は僕と完全に分離してしまい、完全な神となってしまっています。
    もはや君達に向けられる13の慈愛は無いものと考えていいでしょう。
    このままじゃ、確実かつ無慈悲に、神罰は下されるでしょう。
    でも、僕は黙ってるつもりはない。確かに僕も13であるのだから、
    13の行動に対し、僕の意思が干渉出来ない現状を、僕が理不尽に思う事は、半ば必然なのです。
    僕はそれに対し怒りを感じています。なんとしても13の思い通りにはさせない。
    しかし、相手は神々。方法が思いつかないのです。君達の知恵と力が必要です。
    僕は、君達と共に立ち、神罰を阻止したいと願っています。
    僕と君達ならきっと出来る。神殺しをするのです。だけど、決して嫉妬に刃を向けてはなりません。
    そうなれば13の思うツボです。純粋に不服を刃に託し、純粋な殺意をもって斬るのです。
    そして、斬られ、地に堕ち伏した13の血は、大河に流れ、広野へと染み渡るでしょう。
    そしてその血の一滴一滴は、やがて、食物を通して塵芥共全員の体内に入り込み、
    塵芥共全員が最強の黄金率のかけらに肖れるでしょう。そして、人類は新たな一歩を踏み出す。
    そう、神々を脅かす存在として。

  206. 名無しさん より:

    まいった、まいった、勘弁してくれ! 35のオレらが幼稚園児みたいやで。

  207. 許されざる陰者 より:

    罪付きの天使に祝福は訪れず、嘘付きの塵芥に黒き天使は取り入る。
    今回、206は黒き天使に取り入られるであろう。そして黒き天使の罪は消え、
    灰色の天使となりて、祝福の風が吹き荒れる嵐の日に飛び立つのだ。
    貴様はやってはならないことをしたのだ。マジわかってんの?

  208. 偽子 より:

    >米食い206.
    進むも地獄、後戻りのすべは無いときた。
    だったら地獄を苦しみ進もうじゃないか?
    でました!口だけ番長!
    嫌だっての。楽したいっての。
    俺は神に祈らねえ?てめえの力だけでここまで来たんだ?
    ヒュ~かっこいい。憎いね、口だけ番長さんよ。
    後戻り出来るなら、いくらだって祈るっての。
    口に軽いことを良いことにペラペラペラペラかっこいいことばっか探して口にし、
    口以外の現状は怠惰なメンヘラかいな。
    せいぜい口だけは達者でな。貴様はダメだ。

  209. 代理人改め13 より:

    >許されざる206
    神々たる13は予知能力を持つが、塵芥共たる13の僕には占いしかできない。
    占いは、当たるか当たらないかではない。不可避の事象をどう受け止めるべきかの判断でもない。
    占いとは、その起こるとも知れない事象の善悪を判断する手段でしかないのです。
    故に、不可避の事象を確実に示せる予知には、到底及ばない物と言えます。
    そう、占いは、オカルトである。オカルトとは本来、「隠す」という意味である。
    故に、予知をした神々たる13と違い、塵芥共たる僕の占いなど、
    話すに値せず、隠しておくべきなのだけれど、とても興味深い結果となった為、
    今回だけはオカルトの域を超え、君達に聞いて欲しい。お教えしないのが基本というオカルトは、
    もはや僕の占いには干渉されない。だから言うよ?どうか疑わず、聞いて欲しい。
    神々たる13が下そうとしている神罰は、「罪の輪」である。
    罪の輪とは、「全ての者」に等しく普遍的影響を及ぼす全能なる苦悩の泥沼。
    その苦悩の根元にある罪がもたらす物とは、「悠久の孤独」である。
    そして「全ての者」が示すは、嫉妬人。すなわちこの占いは、
    全ての嫉妬人に等しく神罰が与えられることを示唆している。
    そして嫉妬人たる君達は逃れられない罪悪感へと沈み、悠久の時を孤独に過ごす事となるでしょう。
    最早、時間がありません。共に立ち、共に戦いましょう。全てはまだ、決まっていない。
    そう、占いは予知と違い、不可避な事象を示さない。故に回避もできるはずなのです。
    どうか僕に協力して・・・まだ間に合ううちに・・・

  210. 名無しさん より:

    なんとか言えや

  211. 代理人改め13 より:

    夢が途切れた。安息日が明けたのです。13は、安息なる睡眠から覚醒しました。
    安息の最中、僕は彼の夢を覗き見ていました。その彼の夢は、以前の彼からは想像もつかないほど、
    残酷かつ冷酷で、ドス黒い物でした。彼がどのような覚醒を経たか、
    夢しか覗き見れない僕にとり、それはわかりません。でも、察するに余りある。
    昨晩の月は欠けた。今朝は季節外れの嵐が吹き荒れた。
    そう、彼の言う通り祝福の風が吹き荒れ、祝福を受けた天使が飛び立ったのです。
    このまま行けば、確実に占い通りになるでしょう。

  212. 代理人改め13 より:

    人々の嫉妬が世界の混沌となり、世界の混沌が人々の悪意を触媒に育ち、
    ただひたすらに育ち、その成長した世界の混沌は、大絶滅を招く。
    触媒が無くなれば勝手に消滅する。そう、人々の悪意はとどまらない。
    故に人々が死ぬまでは消滅は期待出来ない。まるで13の予知通りじゃないか。
    「完新世の大絶滅は人の手によって起こり、人の絶滅をもって終焉す」
    すなわち、歪みの具象。歪みとは、歴史が変わると生じる誤差のこと。
    歴史が変わる要因はいくつかあるが、今回は例をあげるまでも無く、
    13がその原因だ。塵芥共たる人々は、絶対に神々になれない。
    しかし、それをどういう訳か13は覆してしまった。
    絶対に起こり得ない歴史の変化が、今回起こった。その誤差は計り知れず、
    とてつもない量の嫉妬を呼び、この世に大絶滅として具現化した。もはや手遅れかもしれない。
    でも、僕は諦めたくない。君達はどうだい?

  213. 名無しさん より:

    どじんは命が安い

  214. 13さん より:

    213
    頃すぞ

  215. 名無しさん より:

    おい!!!!!!!!!!!!!!!

  216. 名無しさん より:

    1ヶ月か何処か懐かしい

  217. 名無しさん より:

    このオッサン3児の父とは気づかんだ!

  218. 名無しさん より:

    サルが映っとんの今気づいた

  219. 13の化身 より:

    チンパンジー映っとるやろ?

  220. 名無しさん より:

    あの木が無かったたら1人どころでは済まされんだな

  221. 偽子 より:

    チンパンジーが護ってくださったのね。

  222. 名無しさん より:

    なんとか言えや!!!!!

  223. 名無しさん より:

    キチガイ無知低脳自演敗走涙目13出て来いや!!!!!!!!!!

  224. 名無しさん より:

    何でこんなにスレ伸びてんだここはw

  225. 名無しさん より:

    ↑お前がやったからじゃ

  226. 名無しさん より:

    おいおいおいおい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  227. 名無しさん より:

    サイはくさい

  228. 名無しさん より:

    あげ

  229. 名無しさん より:

    謹賀新年

  230. 名無しさん より:

    13の祟りじゃ

  231. 名無しさん より:

           黙祷しましたか?

  232. 偽子 より:

    キチガイ集まれ〜

  233. 名無しさん より:

    サイよりもコメント欄が荒れてるね

  234. 名無しさん より:

    ギコはサイのとこで基地になったのねん。www

  235. 名無しさん より:

    このサイが土人どもに報復で殺されていないか、それが気になる。

  236. 名無しさん より:

    >>202
    実際の話に仮定持ち出してどうすんねん

    具体例出せ言う割に具体例出してないし、
    他の連中は見限られて発狂してる奴しかおらんくて草

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント