シュランケンヘッド|儀式に使われた人間の頭部を使った「干し首」はこんな感じ

シュランケンヘッド|儀式に使われた人間の頭部を使った「干し首」はこんな感じ

シュランケンヘッド|儀式に使われた人間の頭部を使った「干し首」はこんな感じ

管理人コメント

首狩り族が多数暮らしていた南米で、装飾や儀式のために加工された人間の頭部写真集。小さいけど本当に本物?と思えますが、以下の制作過程を見て頂ければ納得できるかと(´・ω・`)

・干し首の作り方 byWiki
頭部を採取、乾燥
頭蓋骨を抜き取る(首の背面に切込みを入れ、皮膚の肉を頭蓋骨からそぎ取る)
まぶたを縫い、唇をピン留め
頭部の肉はタンニンを含む薬草入りの熱湯で茹でる
顔の形を留めるように整形
熱した石と砂で乾燥
唇を縫い合わせ、鳥の羽などで装飾して完成
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18.

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    ミザリィが詳しく解説してたよね

  2. 名無しさん より:

    10
    じゃんがじゃんが言ってる

  3. 名無しさん より:

    最後のはチンパンジー?

  4. 名無しさん より:

    ブードゥーの祈祷で使うやつ?

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント