【津山事件】2時間で30人を殺害した国内の殺戮事件

【津山事件】2時間で30人を殺害した国内の殺戮事件

【津山事件】2時間で30人を殺害した国内の殺戮事件

管理人コメント

津山(つやま)事件、または津山三十人殺しと呼ばれる国内の大量殺人事件の遺体画像。この事件で30名が死亡し、その間なんと2時間足らずで犯行が行われた国内の犯罪史上で前代未聞の殺戮事件。
■概要

1938年5月21日未明、岡山県の津山市加茂町行重(かもちょうゆきしげ)の集落で発生した殺戮事件。

一般的には津山事件と呼ばれるが、犯人の名前を取って都井睦雄(といむつお)事件とも言う。


1.犯人の都井睦雄
その1

この事件で2時間足らずの間に30人が死亡した。

推理小説の金田一耕助(きんだいちこうすけ)シリーズに登場する舞台「八つ墓村」のモチーフにした事件。

犯行の動機は肺結核に感染していたために、婚約していた幼馴染の女性との結婚を反対されてしまい、

その女性が他の家に嫁いでしまった事に対する恨み。

また、肺結核である事で村の人間に悪口を言われた怨恨。

犯行が行われた日は嫁いでしまった幼馴染の女性が里帰りしていた。

尚、この女性は都井が殺しに来る前に逃げていたために無事だった。


2.犠牲者

その2
■犯行の流れ

自宅で就寝中の祖母の首を斧ではねて即死させた。

都井宅の隣のA宅に侵入。妻、子供3人を殺害。

2軒目:B宅に侵入。妻、B、娘2人を射殺。

3軒目:C宅に侵入。Cと妻を射殺。さらに農業の手伝いにきていた親戚も射殺。主人の母親で、「頼むけん、こらえてつかあさい」と足元にひざまづいて命乞いをする老婆に都井は「お前んとこにはもともと恨みも持っとらんじゃったが、(都井が恨みを持っている家から)嫁をもろうたから殺さにゃいけんようになった」と言って猟銃を発砲した(初速度の低い至近距離での発砲・肋骨への被弾が幸いし、奇跡的に一命を取り留めた)。

4軒目:D宅に侵入。D、長男と妻、五女、六女を射殺。四女は隣に逃げ込む。

5軒目:D家の四女が逃げ込んだE宅。Eは床下に娘を匿ったが、Eの父親が射殺された。D家の四女、E家の四女が負傷。

6軒目:F宅に侵入。Fと母親を射殺。

7軒目:G宅に侵入。Gの妻と養蚕手伝いで泊り込んでいた2人の娘を射殺。この時、Gは、返り血を浴びた都井に猟銃を突きつけられたが、逃げることもせず茫然と座っていたところ、「お前はわしの悪口を言わんじゃったから、堪えてやるけんの」と言われて見逃されたという。

8軒目:H宅に侵入。Hの妹と母親を射殺。逃げ切ったHは隣町の駐在所に事件の第一報を報告した。

9軒目:I宅に侵入。Iの両親と妻、子供を射殺。

10軒目:J宅に侵入。Jの妻は雨戸を開けて外を覗いている時に射殺された。

11軒目:K宅に侵入。Kと妻を射殺。


3.殺害された村人

その3
4.殺害された村人
その4
5.殺害された村人
その5
6.殺害された村人
その6
7.殺害された村人
その7
8.殺害された村人
その8

固定ページ: 1 2

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    これはまた古典的なものを・・・

  2. 名無しさん より:

    分かるような気がする無視されるのが一番キツい!

  3. maron42981024 より:

    分かるような気がする無視されるのが一番キツい!

  4. 名無しさん より:

    いじめるやつは殺される覚悟をもっていじめるべし

  5. 名無しさん より:

    ネトウヨは殺人鬼

  6. 名無しさん より:

    イジメは虐められる奴に原因がある。

  7. 名無しさん より:

    死者30人中、28人が即死。狂気の中でも冷静に急所を狙う都井の恐ろしさ。

  8. 名無しさん より:

    ロングのウィッグ着ければ、橋本マナミじゃね?

  9. 名無しさん より:

    昨今のパワハラやいじめもそうだが日本人って基本的に陰険な民族性なんだなってつくづく思うよ。

  10. 名無しさん より:

    パヨクもこういうサイト覗いてるんだな…

  11. 名無しさん より:

    同じ事が数年前に山口で有ったよね。

  12. 名無しさん より:

    写真が残ってるんだな知らなかった

  13. 焼き鳥 より:

    誰かカラーで復元してくれ…

  14. 名無しさん より:

    自分を虐めた相手達を即死させてあげたの?優しいな

  15. 名無しさん より:

    よくやったとしか思えない。
    普通はしたくても出来ない。
    あっぱれ!

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント