【軍事考古学】WW2時の戦場から発掘された兵士達の貴重なアイテムの数々=ロシア

【軍事考古学】WW2時の戦場から発掘された兵士達の貴重なアイテムの数々=ロシア

【軍事考古学】WW2時の戦場から発掘された兵士達の貴重なアイテムの数々=ロシア

管理人コメント

第二次世界大戦時に起こった戦闘のひとつであるレニングラード包囲戦の現場。ドイツ軍に現・サンクトペテルブルクの都市が900日近くにわたって包囲され67万人(ソ連政府の発表によれば)と多くの死者がでた。行方不明になった兵士の遺骨の回収、分析、保管を目的に掘り出されたアイテムの数々。内容はヘルメット、ベルトバックル、弾薬、バッジ、メダル、ブーツ、武器、IDタグなど。こういった貴重な品々は売買されることもあるそうです。また、こういった作業は死者と向き合う大切なことだと語る人もいる。
1.ロシアのヘルメット 2.ロシア人兵士のブーツ 3.ロシア人兵士のブーツ 4.ロシアの手榴弾 5.死んだ兵士のスプーン 6.弾薬箱 7.ジャケット、制服、ブーツ 8.コンパス 9.塹壕に埋葬されていたロシア人兵士の遺体 10.兵士の脳のそ 11.歯型 12.歯型 13.歯型 14.ロシアの兵士の頭骨 15.錆びたヘルメットと積み重なった骨 16.泥水に脳みそ 17.ロシアの弾薬 18.ショットメガネ、シェービングキット、くし、鉛筆、ボタン、役員のNagant M1895リボルバー 19.頭蓋骨 20.頭蓋骨
カテゴリー:
タグ:

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    70年以上経っても脳みそって残るものなんだなぁ

  2. 名無しさん より:

    違うよ、脳のそだよ

  3. 名無しさん より:

    何だよ、脳のそって。

  4. 名無しさん より:

    てへぺろ

  5. 名無しさん より:

    親知らず含めて16本綺麗に生えているな

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

新着記事RSS