連鎖殺人犯が撮った被害者女性が殺される前の写真

連鎖殺人犯が撮った被害者女性が殺される前の写真

連鎖殺人犯が撮った被害者女性が殺される前の写真

管理人コメント

アメリカで事件となった連鎖殺人犯が撮った被害女性の写真。ハーベイ・グラットマンという殺人犯は幼い頃から反社会的行動をとり、メディアからは "ロンリー・ハーツ・キラー"とニックネームをつけられた。殺人方法はプロのカメラマンになりきり、女性をお金で誘いホテルの部屋へ誘導。縛りつけて撮影し最終的には砂漠で殺し投棄した。もう一人のロバート・ベン・ローデス(写真12)は14歳のレジーナ・ケイ・ウォルターズという少女(写真9)を殺害。残された写真が殺された女性の最後の姿。自分が殺されると知った瞬間の恐怖はどんなものなんでしょう。
1. その1 2. その2 3. その3 4. その4 5. その5 6. その6 7. その7 8. その8 9. その9 10. その10 11. その11 12. その12

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    12はただの変なおじさんやろ?

  2. 名無しさん より:

    12は変態ただの変態

  3. 名無しさん より:

    狂気の笑顔ですねはい

コメントを残す

※誹謗、中傷コメントはせず仲良く使ってね!

あと成りすまし禁止!

PR

新着記事RSS

最近のコメント